スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bitcoin ATMの視察。


決算としてBTCを利用するのと、リアル通貨でBTCを購入する場を提供するのとではまた別の話なのですが、BTCデビットカードの登場によって、bitcoinATMの需要は無くなるのではないのか?と思ってたのですが、
Coindesk調べによると、
http://www.coindesk.com/bitcoin-atm-industry-a-look-at-the-numbers/
BTC ATMは現在 世界中で約470台となっており、普及への勢いに減速感は感じません。
BTCATM1.png

BTCATM2.png

約470台中、
約250台が北米
約140台がヨーロッパ
約45台がアジア(うち日本11台)
となっています。

順調に設置数が増えてますが、

・米国での設置数が全体の半分以上(56%)
・予想外にEC圏での普及台数は低い(5台以下)
・最も取引量が盛んな中国の設置数が少ない(10台以下)
・意外と日本は多い方(11台)

と色々と読み取れます。

疑問に感じるのは、
・個人レベルでのインターネット環境が無い
・金融機関が無い(利用できない)
・政情不安
と言った要素を持つ国家こそATMの需要があるはずですが、ほぼ皆無。ここは謎ですが、ビジネス先行なので致し方ないってとこでしょうか。

bitcoinATMが設置されてる場所の特徴として、先鋭的でテクノロジーに敏感な個人レベルのレストランや商店と言うイメージがあります。
私が住んでるエリア(車移動30分圏内)にも4,5台ATMが設置されてる場所があるのですが、全て個人レベルのレストラン等に設置されています。


ですが、
最近大型ショッピングモールに設置された事を知り、早速視察に行ってきました。

大型と言えど、どれほどに大型が伝わりにくいので同じ縮図でお馴染み東京ドームと比較です。


tokyo.png
こちらお馴染み東京ドーム

westf.png
こちらが大型ショッピングモール。
いや、デカイですね。自分でもびっくりです。

設置場所はと言うと、
zoom1.png
堂々たるATMの隣です。ちょっとひいて見ましょう。
zoom2.png
zoom3.png
ど真ん中のど真ん中。
堂々と設置されてて、発見時は人混みの中でちょっとニヤけてしまいました。

ついでに記念撮影もしておきました。
BTCATM.jpg




後、少し気になったので、人種別居住エリアマップと照らしてみた所、
dot map

半径10マイル(16km)の円で囲ってみましたが、

 白人
オレンジ スパニッシュ
 アジア人

ターゲットがはっきりとしてますね。興味深い視察となりました。
スポンサーサイト

最近のStellarちょっとした事のまとめ

StellarのEducational Giveaway ProgramであるFree Giveawayが一時的に停止されました。
以前から、受け取れない場合がある事をStellarは認めていましたが、
近々、新たなEducational Giveaway Programが発表されるそうです。


BTCとSTRの交換プログラムであるBitcoin Programに関しては
本来では、今年の2月から始まる予定でしたが新たなコンセンサスプロトコルへの移行が完了後、改めて発表する予定となっています。


7月6〜7日と日本にて、
伊藤穰一氏(MIT所長、Stellar財団アドバイザー、デジタル通貨イニシアティブ(DCI)の設立)がホストとなり、
The New Context Conference 2015 Tokyo デジタル通貨と仮想現実の未来
が開催されます。

テーマとして「デジタル通貨」と「仮想現実」を選び、これらの技術が5年後、10年後にどのようなビジネスを生み出し、我々の生活を変えるかについて、それぞれの分野の第一線で活躍される有識者の方々を国内外からお呼びし、議論を深める予定となっています。


伊藤穰一氏も然る事ながら、
StellarのExecutive Directorであるjoyce Kim氏も講演を行います。

他にもビットコインに関わる様々な有識者が講演予定となっており、非常に興味深
い内容となっています。


Stellar Report

私見ですが、米国経済が回復しつつあるのを感じる多忙なThanksGiving前です。

400.png

Stellarのアカウント数が400万突破しました。
順調に成長を感じます。

と、同時にWalletがV2にアップグレードしました。
大きな変化はありませんが、パフォーマンス、セキュリティーの強化がメインとなっています。
それに伴って、リカバリーコードの再設定が必要となってますので、利用されてる方は推奨です。

設定画面より、

Recovery code

resetを押すと、新たにリカバリーコードがemailで届くのでコピペで完了です。


2段階認証導入
仮想通貨関係に触れてる方にはお馴染みかと思いますので、登録しちゃいましょう。


そして今後の予定として、ステラチャートがまもなくリリース

expresscoin
expresscoinはBitcoin,Dogecoin,Litecoin等をキャッシュで購入できる販売所ですが、
Stellar(STR)の販売をまもなく開始する模様



レポート内にさらっと書いてた
She also gave a presentation on Stellar at the Bill & Melinda Gates Foundation, Financial Services for the Poor program.
彼女(Joyce)はビル・メリンダゲイツ財団に対してステラのプレゼンテーションを行った。

ここは個人的には非常に期待したいです。


10月頭に書いた、Bill Gates氏の記事ですが、
Bill Gatesがビットコインに言及

ファイナンシャルインクルージョン(貧困層に正規の金融取引ができるように改善する解決策)を提供するにはスピード、セキュリティーと透明性、コストの効率化を、デジタルプラットフォームの拡張とデジタルでの支払いを早急に発達させる事にによって提供する事ができる
最大の目的は世界レベルでの金融格差を埋める事であり、
この問題を解決する為の最良の策は金融サービスを受けれない人々へ金融サービスを可能な限り早く広める事。


ビル・ゲイツとStellarが結ばれような事があれば、非常に大きな盛り上がりを見せる事は間違いないでしょう。







ビットコインの話になりますが、

個人的に大好きなBitocinWebウォレット及び売買を行ってるCoinbaseが絶好調です。

Coinbase workaround lets you pay with Bitcoin on Facebook and iTunes


CoinbaseとRewardsPayがパートナーシップを結びましたが、
このRewardspayは何をしているかと言うと、クレジットカード等のキャッシュバックを別のポイント等(itunes,Facebook等)に交換を行っており、

RewardsPayとCoinbaseが提携することにより、itunesやFacebbokでbitcoinが利用できる事となります。


そしてWeb上にビットコインでTip(投げ銭)を受け取れるその名もCoinbase Tipをリリース
非常に簡単に作れるので利用してみては如何でしょうか?
Coinbase TIP
早速セットしてみました。
$0.10(約11円)どなたかお恵みを〜


Thanksgiving + Bitcoin

11月第四週の木曜日は、米国民の休日となる感謝祭(Thanksgiving Day)となっており、
今年は11/27日(木)となります。


由来は諸説ありますが、昨今では宗教色も薄くなり、
どちらかと言うと日本のお正月シーズンに近く
全米に散らばっている家族親戚が帰省し共に食事を楽しむと言った感じでしょうか。
お節料理のかわりに七面鳥を食べてる感じです。


私は移民として米国に渡ってるので、親族は日本となり関係無いのですが、
このThanksgiving Day当日は(昨今は営業する店もありますが)ほぼ全てのお店は閉まっています。
当時何も分からなかった自分は食べ物を手に入れれなくて大変だったのも良い思い出。



そして明けの金曜日(今年は11/28)この日は米国にとっての年末商戦第一弾となる
After Thanksgiving Sale(通称Black Friday)が待っています。

全米の小売店が在庫処分超特大Saleを行い、
50%Offなんてのは当たり前。
小売店によってはその週末にあたる土日を入れた3日間で年間売上の半分を出す場合もあったり。


2012年度この3日間で費やされた金額は590億ドル(約6兆8000億円)と
米国内において年間の中で最もお買い物が行われる日となります。




注)略奪にも見えたりする場合もありますが、皆お買い物を行っています


そして楽しい週末が明けた月曜日(今年12月1日)は、
仕事の合間に隙を見てWeb上でお買い物を行う人が多く、サイバー・マンデーと呼ばれています。




Overstock.png

超大型オンライン小売業amazonと競っている、Bitcoin決算が可能なOverstockですが、
ブラック・フライデーに向けてカウントダウンが始まっています。

当日に向けてどんどんSale商品が追加されてくると思いますが、
海外発送にも対応してるので、米国産の商品で何かお探しの方。
ビットコインを使って米国最大セールに参加してみてはいかがでしょうか?


昨年のちょうど今の時期は1BTC=over$1000に向けて右肩上がりに上昇している時期でしたが、
今年は米国内にてビットコインのインフラ整備が大幅に広がりを見せたので
当日のビットコインの出来高がどれぐらい伸びるのかは個人的に楽しみしています。

国際送金

米大手ニュース専門放送局でビジネス関連に特化したCNBCの記事です。

数ヶ月前のBitcoinへの警戒、警告、一時的な流行等のネガティブな考え方は最近すっかり姿を見かけず、
最近では米インターネットお買い物サイトの双璧をなすebayさえもが動こうとしています。


このCNBCの記事も

>Bitcoinへの投資額の増大
>決算手段の拡張

等が、書いてあるのですが、

記事の後半に
"Ripple, another payments protocol, has also been making waves in this area of decentralized financial transactions. The Ripple currency, known as XRP, can be used to represent any form of asset, such as dollars, pesos and even bitcoin itself. It then allows exchanges of these assets to take place and settle directly on the Internet. Recently, Ripple has been gaining some traction with initial bank partners as a means for bypassing traditional correspondent banks to facilitate real-time settlement of cross-border currency wires. While bitcoin purists prefer a world with no central banks, Ripple embraces such institutions, which could mean that it may get short-term traction."

とリップルについての事も少しだけ書かれてます。

内容としては前回のRipple Labの要約で

インターネット上でXRPを使い、ドルやらペソやら、うんぬん、、、
なので、"コルレスバンクを用いずに国際送金が可能になるよう前進している"

とざっくりとですが、書いてます。

wires-infographic3.png

そして、CNBCの記事内に張られていた画像です。
元々の画像のソースはRippleなんですが、
細かい仕組み等は抜きにして、Rippleが目指している所がわかるかと思います。

送金の際に
長い待機時間と高額な手数料

ではなく、

5秒で手数料無料

そんな未来に期待したいと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。