スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bitgold

Bitgoldについて書く前に。



今より約20年前である1996年

ゴールドで裏付けしたデジタルマネーの発行事業を開始したE-Gold
同じプラットフォーム間であるなら、世界中どこでもメールアドレスのみで送金が行える。
創業から10年目の2006年にはアカウント数300万を超え、
「決算手段としての通貨をインターネット上に創出」
に成功。


今からおおよそ10年前である2006年と言えばyoutubeが誕生、大ブレイクした時期でもあり、
時代背景を考えると、E-goldは大成功していたと言えるでしょう。




しかし、実態としては
マネロン、詐欺、売春、ドラッグ、児童ポルノ等、あらゆる犯罪での送金手段として利用されている事を黙認し年間20億ドル(2400億円)の取引量にまで成長。

結果として
米国司法省により2007年に営業停止。2008年終焉を迎える。
e-Bullion,OS-Gold, Standard Reserve and INTGold等、ゴールドで裏付けしたデジタルマネー業者は軒並み世から消えていく事になる。




さて、Bitgoldに話を戻します。

目標
Bitgoldプラットフォームによって世界中の人々がゴールドへのアクセスの敷居を下げゴールドへの機会を提供する

可能な事
・金地金の即売買がデジタル上で可能
・10gからゴールドキューブと呼ばれる金地金の自宅発送が可能
・モバイルAppの導入により、携帯電話から簡単にゴールドの売買、及びゴールド送金が可能
・ゴールドをBitgoldデビットカードへと移すことにより、Mastercardネットワークを利用した支払いが可能、且つ各国ローカルATMから各国通貨の引き出しに順次対応中
・独自にBitgoldATMを開発しており、100を超える様々な通貨で金地金の購入が各ローカル通貨で可能
・ACHへの組み込みにより、米国市民は銀行からほぼ手数料0で入出金が可能
Chase, Bank of America, Wells Fargo, Citi, US Bank等、大手銀行から利用可能
・Bitcoinでの購入は可能だが、引き出しは対応予定

手数料
・基本無料
・売買手数料は1%
・金地金の受け取りには送料$25が別途必要



Bitgoldは、インターネット経由で簡単にデジタル化されたゴールドを購入する事ができ、
最低10gより金地金への交換も可能となり、金地金へのアクセスの敷居を下げる事でしょう。




しかし、ゴールドを購入したいだけなら、銀行、事業主によって様々な形でゴールドの販売が行われているので、こちらがベスト。
Bitgoldをわざわざ英語で利用する必要性は一切ないと思います。


さらに、blockchain技術を利用しているとの事ですが、独自にAurumと呼ばれるプラットフォームを開発しており、BitcoinのBlockchainとは関係は無く、centralizedで運用。
Bitgold(Bitcoin + Gold)とBitcoinを匂わせながらも、Bitcoinによる入出金を受け付けているだけと言うのが現状(現状は出金不可。入金のみ)






ただし、
Bitgoldプラットフォームによって世界中の人々がゴールドへのアクセスの敷居を下げ機会を提供する

と謳っている通り、
金地金をデビットカードへと移す事で、決算として金地金を利用する事が可能であり、他行ATMや独自ATMを利用する事で、金地金との敷居を下げる試みも感じます。

金地金をベースとして資産をデジテル上で保有し、且つデビットカードを利用する事で、世界中どこでも簡単に金地金を決算として利用でき、また各国が発行するローカル通貨へと換金できる。
と言った視点から見ると非常に便利ではあると思います。

ビットコインでも同じ事が可能ですが、利用者がビットコインを信じるか、金地金を信じるかの違いであり、この辺りは、デジタルとアナログどちらが好きか。歴史の重み。って話なので、個人差がある。


結論として、国際的には需要は見込めるとは思うが、利用者は限られる。
今後、様々な規制との調整等をくぐり抜け、普及すれば金地金によって裏付けされたデジタル資産となるが、
不可だった場合はE-gold等と同じ運命をたどる事になるのかと思う。


なので、現状グレーな立ち位置であるBitgoldを、ただ金地金へ触れてみたいだけで利用する価値は無いでしょう。


ただし、今ならメンバーとなるだけで0.25gのゴールドがもらえます。
日本円換算でおおよそ1000円分。

貰えるものは貰っておけ

ってとこでしょうか。
Bitcoinによる出金が可能となったらさっさと出金してしまうのがベスト。

BitGold.com
bitgold.png
スポンサーサイト

StellarベースのRevealを遂に利用してみた。

Stellarをバックグラウンドに利用したAppであるRevealを試金石として注目しながらも利用はしていないのですが、
reveal rank

リリースされてからおおよそ2ヶ月程の、App Store(US)でのランキングによると、
先週あたりまでは割と上位に食い込んではいましたが、
ここ数日は急落しており、(100位→900位)
どう大目に見ても流行ってるとは言いがたい傾向とも読み取れます。
青(総合) 赤(SSN)


比較対象にはならないが、個人的には気になってるGetgemsのランキングはと言うと、
getgems1.png
getgems2.png

直近3ヶ月において、
app storeでは1000〜1500以下を行ったり来たり。
google playでは500位以上に数回ランクインのみとなってます。


Revealは現状β版でもあり、将来的に独自コインRVLを利用し広告還元によってアプリ内で経済圏を確立できれば現在のユーザーはアーリーアダプターとなり、ユーザーによる拡散の活性化が起きると推測してるのでもうしばらく観察を続けたいところ。
アプリを時々覗いてますが、正直Cryptocurrencyと理解して利用してるユーザーはほぼ0ではないかとも感じており、アテンション祭り状態となってます。これは良い傾向だと思います。






前回のオリンピック金メダリストNathan AdrianのAMAに引き続き、
2013年ミス・カリフォルニアのCrystal LeeさんがAMAを行うとの事で、ちょっと参加してみました。
「好きな日本食」を聞いてみたところ、動画付きで返事を頂き、
正直、全く知らない人だったけど、これはかなり嬉しい。ついでに凄いべっぴんさん。
グッとCrystal Leeさんと距離感が近づいた(勘違い)気がしてアプリに可能性を感じました。

英語は日本語と比べて、表情やしぐさ、イントネーションで気持ちを伝える部分も大きいので、動画を利用するのは良い手段だと思います。




動画はアプリからしか見れなくなってるあたりもなかなかにRevealさん商売上手。
Cryptocurrencyを利用したアプリとして是非ヒットしてもらいたい所です。

ちょっと覗いてみようかなと言う方。
アプリは↓からダウンロードできます。
https://reveal.me/

ついでにプロモコード「FL2YX9」を利用すると、お互いに10,000RVLがもらえます。
利用してもらえると、私は喜びます。

XRPオンラインカジノ

オンラインカジノでBitocoinを用いて参加出来るサイトは多々あるのですが、
XRPを利用して参加出来るカジノは珍しいと思うので紹介。


http://www.flutterclub.com/
ライセンス取得済みのアイルランドベースのオンラインカジノサイト
BTCとXRPに対応

現在、新規登録者に対し、最初の3回のデポジットに対して最大で0.9BTCまたは30,000XRPのボーナス贈与を行っている模様。(ボーナス発生は最低0.05BTCまたは1500XRPの入金が必要)

私はとりあえず試しに100XRPを入出金しましたが問題なく処理された事は確認済み


注意
Cryptocurrencyを用いたWebサービス(取引所、Gateway、クラウド採掘、カジノetc)は盗難、詐欺、前触れ無くサービスの停止等のリスクを理解した上で自己責任でご利用下さい。




利用の仕方は非常に簡単です。

メンバー登録は、メアドとパスワード設定のみ。

後は、作成されたアカウントに対してDepositするだけです。

アカウント作成から実際にオンラインカジノを利用するまでにXRPだと3分もかかりません。
この辺り、XRPのトランザクションの早さは優秀だと感じます。

以前にBTCを利用した馬券の購入サイトを試しに利用した事がありますが、入金に1時間程待たされました。

XRPcasino3.png




最小Bet額が0.1XRP≒0.1円から始めれるので、興味ある形は利用されては如何でしょうか。

オンラインカジノではおなじみの

ルーレット
ブラックジャック
ポーカー
スロットetc 
約40種類
XRPcasino2.png


スポーツブックは、
サッカー、野球、テニス等、世界中のプロスポーツの勝敗や試合内容に対して賭ける事ができます。
XRPcasino.png




Cryptocurrencyを用いたWebサービス(取引所、Gateway、採掘サービスetc)は盗難や、詐欺、前触れ無くサービスの停止等のリスクを理解した上で自己責任でご利用下さい。
Tag: Ripple

RevealのRVLを旧APP→新APPに移しましょう。

RevealのAppは日本語が利用できないのでユーザーがいるとは思えないですが、一応書いておきます。

Revealですが、先日の大幅なアップデート(ほぼリニューアル)に伴い
旧Appから新Appにアプリ内通貨であるRVLを移動する必要があります。

移動方法としては2つ。

1)Reveal運営側に処理してもらう為に、リカバリーコードを添付の上でsupport@reveal.meにメールをする

2)http://wallet.rvl.is/#/login にアクセス
Reveal wallet
上記画面にてRevealのAppで作成した際のユーザー名とパスワードを入力。

Stellar Walletとよく似た(ほぼ同じ)Reveal Walletにログインできるので、
そこから
migrate@reveal.me 宛にRVLを送信すれば、処理してもらえます(私は1日待ちました)


こちらリンクも参考にしてください→https://reveal.me/migration_guide.pdf

StellarベースのソーシャルApp Reveal 150万ドルの資金調達

StellarをベースとしたソーシャルネットワークApp「Reveal」が150万ドルの資金調達完了。
w704.jpg

App内にて写真、動画、テキスト等をQ&Aとしてアップし、
レスポンスを起こす事でアプリ内独自通貨RVLを報酬としてもらえます。

具体的には質問者は投稿の際にRVLをエスクローに預ける事となり、
回答者が現れた場合は自動的にRVLが報酬として受け取れる。
24時間以内に何も回答が無い場合は返還。



ソーシャル・ネットワークはユーザーがいなければ何もありません。
彼らが価値を共有する事に役立つと思い、ソーシャル・ネットワーク内に通貨を作成しました。

将来的には広告に対して独自通貨を利用。
現在βテスト中だが、アプリを通じてRVLを広告主に売却する事が可能となります。

RVLはソーシャルメディア上でのアテンション(注目)のあり方を変える事を目指す。



個人的にはあまり興味無いのですが
Snapchatが米国の若者層にヒットしてる事を踏まえると、
何かをきっかけにブレイクする事を期待して、かる~く注目しています。


参照 : techcrunch , CCN
Tag: Stellar
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。