スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に米国発のBTCデビットカード発表!

以前より注目度の高かったShift Paymentと、米国において圧倒的シェアを誇るCoinbaseの共演!
ビットコインがリアル店舗で使えるデビットカードの登場です。
https://www.shiftpayments.com/

Shift+coinbase.png


何ができるのか?
3800万の店舗、世界中どこでもVIsaネットワーク内であればどこでもビットコイン払いが可能。
現在Dwolla(ドル)とCoinbase(BTC)から支払い元の選択ができる(今後追加予定)


手数料は?
カード発行 / 再発行 $10
手数料 $0
BTC/USD手数料 $0
現金引き出し(米国内ATM) $2.50
現金引き出し(米国外ATM) $3.50
国際送金手数料 3%

カード、小切手社会である米国において現金を利用する場面は非常に限られているので、
ATM利用時のFeeは大した問題ではなく、米国内で利用する分には基本無料と言う構えで問題ない。



普段の生活で支払いの際には何を買うにも、クレジットorデビットカードが主流であり、
コンビニでコーヒー1杯のみでもカード払いは一般的です。

米国内で現金を持ち歩く必要性は非常に限られたケースのみであり、
盗難等を考慮した場合にも、カードの不正使用時は全額返済されますが、
現金の場合は手元に帰ってくる事はないでしょう。


数年前に$100が新刷されたとは言え、100ドル札の受け渡しは非常に慎重に行われており、
今でも、受け取り拒否、偽札ではないかの確認(ほぼ100%)、怪訝な対応、、等
日本で1万円札を利用するのとは全く対応が異なります。

渡米前に銀行で円をドルに両替(100ドル札いっぱい)
いざ、米国で利用しようとしたら対応がおかしかった、、、
と言った、経験をされた方もいるかと思います。


Dwollaってなんだ?
主にモバイル機を用いた送金及び支払い。
VenmoとPaypal/Stripeの良いとこ取り(中途半端)
P2PとP2C共に可能。
Dwoll 2


銀行口座を紐付ける事により、少額($10未満)の金銭の移動がDwollaアカウント間で無料で可能となる。

顧客Aアカウント(銀行)⇔DwollaユーザーA⇔DwollaユーザーB⇔顧客Bアカウント(銀行)
と、ユーザー間で流通していたDwollaドルが、

顧客アカウント(銀行)⇔Dwollaユーザー⇒店舗決算
の流れが可能となり、ユーザー間で回していたDwollaドルがリアル店舗で決算通貨として利用できる。



米国人はクレジットカードを複数枚所持しています。
所持枚数が少ないとクレジットスコアに影響すると言うのもあります。
平均3〜4枚所持しているカードを一つにまとめれたら、、
と言うコンセプトの元に開発されたCoinと言うカードもありますが
https://onlycoin.com/



Shift Cardは違います。

Shift Cardは

利用したいDigital Currencyが選べれる、非常に先鋭的な未来なカードです。






私事の都合により、2ヶ月程更新ができませんでした。
にも関わらず、こまめに足を運んでくれてた方ありがとうございます。

更新頻度が多少落ちるかもしれませんが、今後も一読頂ければと思います。
スポンサーサイト

Bitcoin ATMの視察。


決算としてBTCを利用するのと、リアル通貨でBTCを購入する場を提供するのとではまた別の話なのですが、BTCデビットカードの登場によって、bitcoinATMの需要は無くなるのではないのか?と思ってたのですが、
Coindesk調べによると、
http://www.coindesk.com/bitcoin-atm-industry-a-look-at-the-numbers/
BTC ATMは現在 世界中で約470台となっており、普及への勢いに減速感は感じません。
BTCATM1.png

BTCATM2.png

約470台中、
約250台が北米
約140台がヨーロッパ
約45台がアジア(うち日本11台)
となっています。

順調に設置数が増えてますが、

・米国での設置数が全体の半分以上(56%)
・予想外にEC圏での普及台数は低い(5台以下)
・最も取引量が盛んな中国の設置数が少ない(10台以下)
・意外と日本は多い方(11台)

と色々と読み取れます。

疑問に感じるのは、
・個人レベルでのインターネット環境が無い
・金融機関が無い(利用できない)
・政情不安
と言った要素を持つ国家こそATMの需要があるはずですが、ほぼ皆無。ここは謎ですが、ビジネス先行なので致し方ないってとこでしょうか。

bitcoinATMが設置されてる場所の特徴として、先鋭的でテクノロジーに敏感な個人レベルのレストランや商店と言うイメージがあります。
私が住んでるエリア(車移動30分圏内)にも4,5台ATMが設置されてる場所があるのですが、全て個人レベルのレストラン等に設置されています。


ですが、
最近大型ショッピングモールに設置された事を知り、早速視察に行ってきました。

大型と言えど、どれほどに大型が伝わりにくいので同じ縮図でお馴染み東京ドームと比較です。


tokyo.png
こちらお馴染み東京ドーム

westf.png
こちらが大型ショッピングモール。
いや、デカイですね。自分でもびっくりです。

設置場所はと言うと、
zoom1.png
堂々たるATMの隣です。ちょっとひいて見ましょう。
zoom2.png
zoom3.png
ど真ん中のど真ん中。
堂々と設置されてて、発見時は人混みの中でちょっとニヤけてしまいました。

ついでに記念撮影もしておきました。
BTCATM.jpg




後、少し気になったので、人種別居住エリアマップと照らしてみた所、
dot map

半径10マイル(16km)の円で囲ってみましたが、

 白人
オレンジ スパニッシュ
 アジア人

ターゲットがはっきりとしてますね。興味深い視察となりました。

Backpage(クラシファイド)+Bitcoin

米国における、クラシファイド広告サイトであるBackpage
新聞雑誌に掲載される三行広告的な解釈で大丈夫でしょう。

米国における2大クラシファイドサイトである、CraigslistBackpage
最大のシェアを誇るCraigslistは不動産、求人、個人売買、車売買、イベント情報等が掲載されています。

オークション(個人売買)サイトeBayの場合は掲載された情報や写真から判断、購入となりますが、
クラシファイドサイトの特徴である地域密着型は、掲載された情報を元に現地に赴いて実物を見る事ができ、この辺りはeBayと差別化されており、根強い人気があります。
私見ですが、ebayは商売気が強いですが、クラシファイドは不要な物を必要な人へ譲りたい販売者が多く、価格が非常に安いのも特徴です。


オークションサイトeBayの話は置いておいて、
この2大クラシファイドサイト、CraigslistとBackpageの最大の違いは
「成人向けサービス」の有無。

5年程前にCraigslistは成人向けサービスの停止を行ったが、
対するBackpageは収益の70%が「成人向けサービス」からと
児童売春、人身売買、売春の温床とっています。

様々な擁護団体や、企業、個人等から「成人向けサービス」広告の掲載削除、停止の圧力を受けており、
今回、この犯罪の温床となっているBackpageに対して、マスターカード、アメリカン・エクスプレスがBackpageアダルト広告へのクレジットカードの使用を禁止する事を発表 NewsBTC
VISAもこの流れには追従の構えとなってます。

backpage bitcoin



犯罪の温床となる可能性の芽を摘むのは当然の事ですが、
アダルト産業がビデオテープ、DVD、インターネット等の普及起爆剤の一端を担ったのも事実。

Backpageは月間ユニークユーザー数300万以上、今現在も従業員120以上抱え成長中です。

今後このBackpageの「成人向けサービス」に対する全カード会社からの停止制裁となり、
支払い方法はBitcoinとなります(Doge, LitecoinもOK)

成人向けサービスを利用していたBackpageユーザーは他へ流れていくのか。
それとも、ビットコインを利用するのか。
良くも悪くも通貨としてビットコインを必要とするユーザーの増加が見込めるかもしれません。
Tag: Bitcoin

ビットコインの財の99%はビットコインコミュニティーの1%がコントロールしている。

https://www.cryptocoinsnews.com/1-bitcoin-community-controls-99-bitcoin-wealth/
翻訳元


ここに非常に興味深い資料があります。
数年前に発生したOccupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ」)を思い出します。
噂によるとSatoshi Nakamotoは初期の100万BTCを所持していると言われており
総数2100万BTCの残り、2000万BTCを私達は利用します。
そしてWinklevoss兄弟は2013年に実在する1%のビットコインを所有しているとも発言しています。


ビットコインアドレスの99%はBTCを持っていません。
以下に示す表は、2015年3月31日辺り時点でのこれまでに作成されたアドレス数であり
おおよそ総BTC数の2/3にあたる1400万BTCが発行された時期です。
Bitcoin number

この表を見る限り、ビットコインコミュニティーがいかに偏よっているかが分かります。
まず始めに読み取れる事として、パスワードや、キー、ユーザーネーム等を忘れ破棄されたか、テスト用に利用されているアドレスがほとんどであり、
全体のおおよそ99%のアドレスはUSD換算で約$24分の価値である0.1BTC未満のみを所有している事になります。


ビットコインの価値が時間の経過や需要の増加に伴い価値が上昇すると思っているので、大半の人は買いだめしています。
BTC総量に対しての毎日の取引量がそれをかなり明確に示しています。

市場での利便性が改善されること、事業主によるがビットコインの導入、既存の通貨が負債の上に成り立っている事等により、ビットコインの受け入れ数が増えていっており、着実にメインストリームへと浸透していっています。

トップ3のビットコインアドレスはSatoshi NakamotoとWinklevoss兄弟のアドレスなのだろうか?
次のBTCの高騰は劇的にこれらを塗り替えるのだろうか?
大物達がアーリーアダプターになるための十分な利益を持つことによって、ビットコインコミュニティーはトリクルダウン効果により経済成長が裾野まで広がるのだろうか?
大物達は売却する事になるのだろうか?

私には、どのようになるかは分かりません。
しかし、デジタル通貨が世界を先導し、世界の富の集中が和らぐ事を願っています。
Tag: Bitcoin

Thanksgiving + Bitcoin

11月第四週の木曜日は、米国民の休日となる感謝祭(Thanksgiving Day)となっており、
今年は11/27日(木)となります。


由来は諸説ありますが、昨今では宗教色も薄くなり、
どちらかと言うと日本のお正月シーズンに近く
全米に散らばっている家族親戚が帰省し共に食事を楽しむと言った感じでしょうか。
お節料理のかわりに七面鳥を食べてる感じです。


私は移民として米国に渡ってるので、親族は日本となり関係無いのですが、
このThanksgiving Day当日は(昨今は営業する店もありますが)ほぼ全てのお店は閉まっています。
当時何も分からなかった自分は食べ物を手に入れれなくて大変だったのも良い思い出。



そして明けの金曜日(今年は11/28)この日は米国にとっての年末商戦第一弾となる
After Thanksgiving Sale(通称Black Friday)が待っています。

全米の小売店が在庫処分超特大Saleを行い、
50%Offなんてのは当たり前。
小売店によってはその週末にあたる土日を入れた3日間で年間売上の半分を出す場合もあったり。


2012年度この3日間で費やされた金額は590億ドル(約6兆8000億円)と
米国内において年間の中で最もお買い物が行われる日となります。




注)略奪にも見えたりする場合もありますが、皆お買い物を行っています


そして楽しい週末が明けた月曜日(今年12月1日)は、
仕事の合間に隙を見てWeb上でお買い物を行う人が多く、サイバー・マンデーと呼ばれています。




Overstock.png

超大型オンライン小売業amazonと競っている、Bitcoin決算が可能なOverstockですが、
ブラック・フライデーに向けてカウントダウンが始まっています。

当日に向けてどんどんSale商品が追加されてくると思いますが、
海外発送にも対応してるので、米国産の商品で何かお探しの方。
ビットコインを使って米国最大セールに参加してみてはいかがでしょうか?


昨年のちょうど今の時期は1BTC=over$1000に向けて右肩上がりに上昇している時期でしたが、
今年は米国内にてビットコインのインフラ整備が大幅に広がりを見せたので
当日のビットコインの出来高がどれぐらい伸びるのかは個人的に楽しみしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。