スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細々と利用しているCEX/IOの収益レポート

久々にCEX/IOネタを。

CEX_twitter.png
Twitterにて「2015年には1BTCが$10,000(約100万円)」とぐいぐいと煽ってます。


流石に$10,000は「おおげさ」だとは思いますが、ここ最近の米国内でのビットコインへの追い風は増すばかりです。


決算手段としてビットコインを導入する企業も増えてきており、
最近では登録ユーザー数2500万人を抱えるネットショップ米国2位のNewegg
ビットコイン決算導入しました。WebにデカデカとBitcoinでの支払い方まで説明してます。
ちなみに当然ですが1位はご存知、怪物amazonくんです。


大企業の導入が増えてきているとは言え、まだまだ決算手段としてビットコインを導入していない企業も多々あるのは事実です。


ですが、この問題はSnapCardを仲介する事でamazon等のまだ導入されていないWebストアでのBitocoinの使用が可能となります。



さらに、まもなくリリース予定ですがXAPOのXAPO Debit Cardは
世界中のどこでもMasterCardのNetworkを用いてビットコインでの支払いが可能となります。

あらかじめXAPOのWalletにビットコインを入れておき、店頭側がMasterCardでの支払いさえ受け付けていれば国内においてはもちろん買い物の大半はこのデビットカードで可能となり、海外旅行や海外での買い物の際に現地通貨へ両替する必要もなくなり、さらにWeb経由での海外からの買い物にも利用する事が可能となります。


ビットコインへの批評は様々ですが、全ての人がビットコインを認める必要など無く
ビットコインは力強く且つ着実にインフラ整備を進めており、当分の間はこの勢いは止まらないでしょう。






少しタイトルのCEX/IOから脱線してしまいましが、
私はまだビットコインの価値が上がる「のびしろ」を信じて細々とCEX/IOにて採掘を続けてます。
(文頭の煽り文句は鵜呑みにはしてません)


手数料の導入を境にGHSのレートが導入前と比べると安定した感があり、
頻繁にGHSのレートの確認、取引ができない勤め人の私には多少利用しやすくなりました。




微々たる額ですが、私のここ最近の成績を公開します。
まずは預けたBTCですが、こちら。
Deposit_BTC.png



続いて今現在のBTCとGHSのバランスですが、こちら。
B_CEX.png



そして今私が持ってるGHSを今のレートで売却したとすると、、
sell_GHS.png
こうなります。



GHSを売却した場合Total 0.5792BTCとなるので、手持ちの0.259BTCと足すと合計で0.8382BTCとなります。
預け入れBTC総額が0.75BTCなのでプラス0.0882となります。
今のレートで換算すると約$57(約5700円)となりました。


採掘で着実に増えていくのですが、レートの上下で収益を出す事も可能です。
大きくレートが下がるタイミングが鍵かと思います。



以上、収益レポートでした。
スポンサーサイト

CEX.IO

BCTでビットコインの採掘権を売買してるサイト
CEX.IO
ですが、

改めてもう一度採掘を再開しました。

何故かと言いますと、

こちら、
採掘権の先行予約販売
のLimited offerを試してみようと思いまして。

他にもCEX.IOの発表によりますと今後、

>GHS売買の際の手数料の課金(売買量で0.2%〜0.5%)を始める予定。
>BTC以外にもUSDでの直接販売を考えている。

そして今回の先行予約販売も含め、
クラウドマイニング最大手故に、新しい採掘ビジネスの形を模索中ですね。
(手数料課金は利用者としては損するだけですが、運営を維持する為には必要なのは理解)


さて、話を戻して
CEX.IOですが、採掘権(GHS)をBTCで売買するのですが、
このGHSを先行予約販売するみたいです。
販売されている商品は2つ。

>FHA (Future Hashes April)
>FHM (Future Hashes May)

前者のFHAは4月26日から採掘を開始するGHSを0.008BTC/1GHSでの販売。
後者のFHMは5月26日から採掘を開始するGHSを0.004BTC/1GHSでの販売。

ただ、サイト内でこのFHAもFHMも採掘はまだ始まっていませんが売買が行われているので、多少値段の上昇はおきています。
そして今現在のGHSのお値段は約0.0115BTC/1GHSとなっています。


改めて採掘を開始したのですが、毎日少しずつBTCが増えていくのを見るのはやっぱり楽しいですし、
痛い思いをしたLeancyと比べるとスリルは無いですが、楽しく扱えますね。


ちなみに、NameCoinも副産物として採掘される様になっていたので、個人的には嬉しい副産物です。






無料でビットコインでおなじみQoinProですが、
FeatherCoinの貰える量が4%上昇だそうです。
相変わらず微々たる量ですが、
ここ最近、増量が続いてます。


Tag: CEX.IO

ビットコインの採掘<3>


前回書いたPool Miningの説明です。

皆のパワーをオイラにわけてくれ!
って感じで採掘を仕切ってる団体がいくつかあるのですが、
こちら採掘チームの分布図を見てもらえると勢力図がでてくるのですが、

今回は(2014/2/2)時点で最大勢力を誇るGHashi.IOの使い方を書いていこうと思います。

まずはこのサイトのリンクにも追加してるのですがCEX.Ioに行き、
Sign Upをします。ユーザー名、パスワード、秘密の質問と答えあたりを設定するだけで簡単に登録できます。

ここからどうやってこのサイトを利用するかを書いていきますが、少し長くなるので数回に分けて書いていきます。

ビットコインの採掘<2>

普段はお仕事の都合上、情報のアウトプットが難しいのですが、
今日がスーパーボル2014の日で興味がないので、どんどん書いていこうと思います。


さて、前回書いた、ビットコインの採掘の続きです。
データー処理のお手伝いをする事を『採掘』と書きましたが、具体的にはどういった処理を行っているのかを
これまた大雑把ではありますが、書いていこうと思います。

このデーター処理ですが、主にやっている事は、ウォレット間で起きた送受信のログを一つにまとめて保管する作業の事と思ってもらえれば分かりやすいと思います。具体的に説明となると話が長くなりすぎる上、上手に説明する事ができないので省略します(詳しく知りたい方は検索して下さい)

現実社会で置き換えると、「帳簿」ですね。
誰がどこに、何時、いくら送ったのか?と言った履歴を「ブロック」と呼ばれる一塊にして保管する作業です
(約10分に1ブロックを製作します。)
これまた書き出すと長いので省略しますが、こうった作業を保管していく事で、不正を行いにくくすると同時に、信頼性が高まるという効果も生まれていると思います。

さて、この「ブロック」を作る作業を手伝う事で報酬を得る事ができるのですが、この「ブロック」を一つの塊として保管し、最後に帳簿にサインをした人だけがビットコインを報酬として貰う事ができます。

そしてこの帳簿にサインをする権利を手に入れる為にパソコンの能力(計算力)を提供してるのですが、
先ほど書いた通り、最後に帳簿にサインをした人だけがビットコインを貰えるので、
計算能力の高いパソコンを持っている人が有利となってくるのですが、これも競技人口があまりにも増えすぎているため、
最近の『採掘』方法としては、pool miningと言って、皆で協力してスーパーコンピューター的なものを中継して『採掘』をして、ブロックが製作された際には、『採掘』能力に応じて報酬を分配しましょうと言う形がメジャーになってます。



なので、次回はどうやってpool miningに参加するのか。と言う所を書いていこうと思います。



ちなみに
Blockchain
こちらのサイトから、誰がブロックを手に入れたのかをリアルタイムで見る事が可能ですし、
こちらのサイトからウォレットの作成も可能です。
全て日本語対応です。



ビットコインの採掘<1>

多少ビットコインについて興味を持たれた方はこの
『採掘』
と言う仕組みを理解するのにイロイロと調べてるかとは思います。


もの凄く大雑把ですが、私なりの言葉でこの『採掘』の仕組みを説明したいと思います。


Geekが生み出したこのビットコインですが、
まず「現金」で例えてみましょう。
「現金」の場合、政府、国家の元で通貨が生まれ、銀行等が管理をしていくと言う仕組みです(大雑把すぎ)
そしてこの世の中に出回ったお金を銀行に預けたり、引き出したり、振り込んだりと誰もがやってる事だと思います。
ただ銀行で働く人もお金を商品として管理する行程で、労働力を世の中に提供してるわけですから、当然報酬が必要となってきます。
その為に、手数料であったり、金利であったりと言った形でお金を集め報酬を受け取りながら、銀行を運営してるわけですよね。


ここで話をビットコインに戻します。
ビットコイン上でお金を管理してくれるこの銀行の役割はどうするのか?
皆ウォレットを作成し、ビットコインを送受信しだすと、当然、どこかで誰かが労力をさかなければなりません。ビットコインの場合はデーター処理ですよね。

そこでこのデーター処理の為に余ってる自分のパソコンの能力を提供します。これが『採掘』です。

どうも『採掘』と言う言葉が先にくると、ビットコインをどこかから見つけてきて集めてきていると言ったイメージを抱きやすいですが、実際は、データー処理のお手伝いをする為にパソコンの余ったパワーを提供する事で報酬を受け取る。これをビットコインでは『採掘』と表現してます。



でわ次にどうすれば採掘できるのか?と言う部分はまた次回書いていこうと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。