スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動。

CEX.IOで収益を上げるのが難しいので全Bitcoinを引き出し、先週から新しい投資先に引っ越しさせました。
またCEX.IOのように1ヶ月程様子を見てどのようになるか?がまとまったら記事として書こうと思います。

副産物として生まれたDevcoinとIxcoinを集めてる方おられましたら、無償にてお譲りしますのでご連絡下さい。
スポンサーサイト

CEX.Ioの使い方<2>

今回は具体的にどういった風に利用すれば良いかを書いていこうと思います。


このCEX.Ioですが
前回に書いた通り『採掘』する権利をコインを使って売買しているサイトになります。

かれこれ1ヶ月程前に、少しお試し的に3GHS程購入をしましたが、
当時のレートが0.041GHS/BTCでした。3GHSなので 0.041x3=0.123BTCとなります。
ここ最近の1ビットコイン$800(8万円)計算でいくと$98.4 約$100(約1万円)となります
この1ヶ月間で約0.00055/Dayなので1ヶ月で0.0165程採掘してくれた事となります。


0.123BTCを投入して1ヶ月で採掘できたのは0.0165BTC

これを1BTC=$800で計算すると、$13.2(約1320円)となります。
と言う事は、もしこのペースで採掘をしていったとしても、元手を取り戻すには1年程かかると言う事ですが、

ここでもう一度書きますが『採掘』する権利を売買してますので、
もし購入した時と同じレートでGHSが売る事ができれば$100(1万円)投資で1ヶ月$13.2(1320円)の儲けとなります。これだと、1ヶ月で投資額に対して13.2%増となります。


ただし、私の場合は、この1ヶ月でGHSの値段が購入時よりも20%程下がり、
(今現在0.0338GHS/BTC)なので、0.0338x3GHS=0.101BTC 1BTC=$800計算で$80.8(約8080円)+$13.2=$93.2と損失がでてます。トホホ。。



と、この様に、損失がでてしまう場合もありますが、ただ放置しておくだけで1ヶ月で10%以上の増益も見込めると言うのは魅力的だと思います。



difficultyはこれからも10日程度置きに上昇していきますが、
今後3年以上は10分おきに25ブロックが生成されるのも事実です。
後は、これからのビットコインがどうなっていくのか?をよくよくご自身で検討されて投資して下さい。



以上CEX.Ioの説明でした。
次回はRippleについて書いていこうと思います。



ちなみにこちらが今の私の『採掘』能力です。

CEX.Ioの使い方<1>

前回の続きとなりますがCEX.IOの使い方です。
こちらのサイト、かなりシンプルにできてますので、直感的にどうすれば良いかと言う事がわかるかと思いますが、
もしどうしてもわからない場合はご連絡頂ければ、わかる範囲内でお答えできるとは思いますので、ご連絡下さい。


では、このCEX.Ioの特徴ですが
>GHS(ギガハッシュ)をbitcoin or Namecoinを使って売買する。
>このGHSがコイン採掘する能力になりますので高ければ高い程
 1ブロック掘る度に貰えるビットコインが多くなります。(最低1GHSないと採掘が始まりません)
>副産物として、namecoins,ixcoins,devcoinsの3種類のコインも同時に採掘してくれる。
>契約期限がない


文章で説明をしても実際に扱ってみないとどういった物なのかと言うのがわかりにくいかとは思いますので、
いつでもビットコインの出し入れができるので、まずは少量(1GHS買える程度)から初めてみる事をオススメします。


アカウント作成が完了したら、まず画面上部に出るBalanceをクリックすると
CEX.Io内にbitcoin, Litecoin,Namecoin,Ixcoin.Dvcoinのウォレットが自動で作成されますので
ビットコインの場合はご自身のウォレットからCEX.Ioのウォレットにまずビットコインを転送します。
10分程すると、CEX.Ioのビットコインウォレットにbitcoinが入ってくるので
次に画面左上のTradeをクリックすると今現在のGHSあたりの相場が表示されますので
後は少し画面を下にスライドして、Buy GHSにご自身が購入したい数値を入力すれば後は勝手に毎日「採掘」が行われると言う仕組みです。


あくまでこのCEX.Ioは『採掘』する権利をコインで売買してるサイトですのであしからず。


次に、もう少し参考例を書いた利用の仕方を書いていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。