スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのRipple

Rippleウォレットを新しく作られた方限定で、

初期XRP入金

から25XRPを無償で頂けるそうです。

必要になるのは
1)簡単な自己紹介
2)ご自身のリップルウォレットナンバー
(共に日本語でOK)

この2つだそうです。


貰って損はないと思うので、ウォレットを作ったばかりの方、オススメです。
スポンサーサイト
Tag: Ripple

無料でビットコインを稼ぐ<3−2>

またまたQoinProネタですが、捨てアドでも登録できる様です。



クイックメール

こちらから15分のみ使えるメアドを手に入れて、登録するだけ。
(送られて来るアカウント認証メールはクイックメールのサイト内で確認でき、リンクに飛ぶ事も可能です)
しかも、登録後に入力するバックアップ用のメールアドレスは登録時のメールアドレスでも問題無く登録できます(登録時に手に入れた捨てアドでOK)。
試しにわたしは2件程登録してみましたが、今の所問題無く認証されてます。これ無限に増やせるのでは?(汗
βテスト期間中に訂正されるかもしれませんが、せっかく貰えるものだし、お時間に余裕のある方、オススメします。
毎日貰えるコインの量が増えて行きます。


ーー追記ーー
2/28日時点で、不可能になった模様

無料でビットコインを稼ぐ<3−1>

私事が忙しくて、ちょっと更新が止まってましたが、

前回、紹介した無料でビットコイン、ライトコイン等が毎日貰えるQoinProの続きです。


どうやって採算を取ってるのか未だに分かりませんが、無料で貰えるサイトとしては、ずば抜けてしっかりしてるとは思います。毎日Balanceにコインを入れときましたよ。とメールが届きますしね。

ちなみに、全てが問題無く動くか確認作業も含めてのβ版だそうで、正式にリリースした際には、毎日貰えるコインの数も増やすとは発表してます。


軽く裏技?的な物を紹介しておきます。
このサイト、誰かを紹介すると、気持ち(ホント少し)ですが、毎日貰えるコインの量が増える仕組みになってます。


なので。

わたくし、自分の別のメールアドレスで登録してみた所、問題無く、認識してもらえました。
アカウント登録の際に使うメアドは認証用メールが届くので、受信後、メールを確認し、指示してるリンクを一度クリックする必要がありますが、その後にあるアカウント設定の際の予備のメールアドレスは何でもいいみたいです。{適当@(gmail yahoo hotmail etc).com}
気持ちですが、毎日貰える量が増えますので、気長に貯めようって思ってる方は塵も積もれば、、って事でいかがでしょうか?

(QoinProのサイトの上にあるreferralsをクリックし、your referral Linkを押しそこに表示されるアドレスからアカウント登録する事で可能となります。)

移動。

CEX.IOで収益を上げるのが難しいので全Bitcoinを引き出し、先週から新しい投資先に引っ越しさせました。
またCEX.IOのように1ヶ月程様子を見てどのようになるか?がまとまったら記事として書こうと思います。

副産物として生まれたDevcoinとIxcoinを集めてる方おられましたら、無償にてお譲りしますのでご連絡下さい。

無料でビットコインを稼ぐ<3>

無料でビットコインを稼ぐサイトの紹介です。


QoinPro

まだ始まったばかりのサイト(1/29/2014)なのですが、かなりしっかりしたサイトだと思います。


無料で貰えるコインですが、登録特典がかなり熱いです。

まず先に登録方法ですが、いたって簡単でメールアドレスと表示される数字を入力すれば、登録したアドレスにアクティベイト用のメールが届くので、クリックして、ユーザーネーム、パスワード、もう一つ別のメールアドレスと、最後に引き出し時に使用する4桁の暗証番号を設定するだけです。


無料で稼げるビットコインなんですが、登録特典としてBTC0.0000025がまず貰えます。コレは今までみてきた無料で稼げるサイトとしては破格ですね。
さらにおまけで、
Litecoin >>>>>>>>0.00007671653
FeatherCoin>>>>>0.00604838710
FedoraCoin>>>>>97.85271991420
がいきなり貰えます。

さらにさらに、毎日
BTC 0.00000001000
LTC 0.00000030687
FTC 0.00002419355
TIPS 0.39141087966(2日後から)
が貰えるそうです。

私も、今登録したのですが、他にもwordcoinとEarthcoinも貰えるっぽいですが、現時点では受け取れてません。
時間が出来た際に改めて詳しく調べてみようと思います。
FedoraCoin(TIPS)なんて初耳ですが、どうやら1週間前に生まれたっぽいですね。これもちょっと時間ができたら調べようと思います。


かなりの太っ腹サイトですが、1日1回なので無理せずとも集めれるので良い感じですね。
オススメです。


ーーーーー追記ーーーーー

どうやら自動的に1日1回コインが追加されるみたいですね。
なので、1度登録したら後は放置しておけば大丈夫って事になります。

どうやって採算をとってるのかが気になる所ですが、放置で貰えるなら登録しておいて損はないでしょう。
一応、メールアドレスを流用するような事はしないとも言ってますし。



Mt.Gox

Mt.Goxが戻ってこないですね。

今現在Mt.Goxは$550と戻ってこないですが、その他の取引所は$700ほどまで回復。こればっかりは分かりませんが、私はもうちょっと戻ると思ってます。


今日、あのビルゲイツさんが仮想通貨についてどう思うかって記事があったので紹介。


『ビットコインの様な通貨をどう思っているか?』
との質問に、財団はデジタルマネーに関与はしているが、ビットコインの様な匿名のデジタル通貨では無い事を前提に、ケニアのM-Pesaを例にあげ、今後5年間で、インドやアフリカ、貧しい国々で役立つ事でしょう。
と、割と前向きな発言をされてます。



今後に期待です。



NoFiatCoin(XNF)登録の仕方。

NoFiatCoinの登録の仕方を説明します。


まず、rippleのログイン。
Contactsを押して、右上のAdd Contactをクリックすると、以下の様な画面が出て来るので、
step2.jpg
nameの欄にNoFiatCoin Centralと入力。
addressの欄に rPKSvQ1qFAksr7hzk2wC2xtqSqFbxP3wvg を入力。
Destination tagの欄にはなにも入力をせず、Add Contactをクリック!


step3.jpg
次に画面上部にあるAdvancedを押し、表示される画面の右側にあるAdd Trustをクリック!


step4.jpg
Trust枠の設定画面になるのですが、
まずname欄にNoFiatCoin Centralと入力
次にAmountの設定ですが、画像では5000となっていますが、これは取り扱える量が5000XNFが上限ですと言う意味です。とりあえずは1000ぐらいで入力しておけば十分ではないでしょうか。
次に、通貨の単位の欄(入力した数値の隣の枠)のドロップダウンメニューをクリックして、XNFがあればクリック。なければご自身で XNF と入力すれば大丈夫です。
全部入力できたらGrant Trastをクリック!


step5.jpg
そうすると、最終確認のページが表示されるので、Confirmをクリックすれば完了。


これでリップルウォレットのTradeからXNF/XRPを選択すればいつでもXNFをRippleで購入する事ができます。
※売買の際にXNF/XRPが表示されない場合はXNF/XRPと入力すれば問題無く売買ができます。


目指せ金の延べ棒1本!!



NoFiatCoin(XNF)とは

今年の初めに登場した
NoFiatcoin(XNF)
について書こうと思います。

まず初めに、これが一体どういった物なのか?
と言いますと『金銀で価値を保証された仮想通貨』です。


極論になりますが、世の中に出回ってる紙幣は、それが価値あるものである事を、国家、政府などが保証する事で初めて価値が生まれます。これがなければ、ただ精巧な印刷が施された紙切れです。
対して、ビットコインは、皆がビットコインを管理、売買、支払い等する事でビットコインの価値を決めている状態です。世の中がビットコインに感心を持たなくなったらただのデーターですよね。

そしてNoFiatcoin(XNF)ですが、
金が貴金属の中で貴重である事が認知され、貨幣の価値を金で裏付けしたり(金本位制)、金を巡っての争いがあったりと、人類が生きてきた歴史の中で非常に人類と関わりの深い金属だと思います。
この金銀で価値を保証された仮想通貨がNoFiatcoin(XNF)です。


今この記事を書いてる時点での相場は1XNF=$5.65で、
1ヶ月程前に開始されたシステムですが、その当時は1XNF=$3.00程です。
金銀で保証された通貨と言う事もあって、私個人は急速な伸びは無いと思ってます。
どちらかと言うと、金銀で保証された仮想通貨と言う点が、もし貨幣に価値が無くなった場合でも金銀と交換する事を保証するといった様にどこよりも堅実で安定感があるのが最大の魅力だと思ってます。
今後どの様な展開を見せて行くのか楽しみです。


取引方法としては、リップルウォレットからこのNoFiatcoinをTrastするだけ。
基本Rippleネットワーク内での取引となってるので、円、ドル等ではなくXRPでの取引となります。

公式の発表によると最低$3000相当のXNFとやや高めスタートですが、実際の金銀との交換も保証しています。
後、ビットコインからもメールのやり取りで入手が可能だそうですが、あまり必要性があるとは思えません。


丁度10日前にあった公式のアナウンスですが、
--------------------------------------------------------------------------------------
Announcement: New Marketing Team in Japan (January 28, 2014)

NoFiatCoin is pleased to welcome the latest addition to our team, Taketoki Ogawa, a supporter and pioneer of digital currency in Japan. Taketoki will be managing marketing efforts in Japan, a very important market for the company's strategic expansion.

Gladys PR & Marketing Director

--------------------------------------------------------------------------------------

日本でのマーケティングにも意欲的っぽいですね。

今後に期待です。

Ripple(リップル)について<3>

今日になって、突然1リップルの日本での価格が3倍程跳ね上がったのですが、何か起きたのでしょうか?
もしここを読まれてる方でご存知の方いましたら、教えて貰えませんでしょうか?


さて、リップルについて。
ホームページのお題を仮想通貨(bitcoin&Ripple)とひとくくりにしてますが、
似て非なる物である事を、またまた私なりの大雑把な説明を書いてみようと思います。


その前にまずビットコイン。
ご存知Geekの産物で、一時的なお金の逃げ場だったり、一儲けしようと投資目的でお金が流れてきたりと、様々な都合によりビットコインにお金が集まり、今となっては1BTCを気軽には買えない物になってしまいました。
中央銀行を持たない。政府、国家の裏付けも持たないと、Geekな香りがプンプンしてきて、魅力的です。
『採掘』『投資』『通貨』と多彩な顔を持ち、今となっては約100億ドル(1兆円)の時価総額となりました。
今後も多彩な顔を見せながら、『仮想通貨』としての地位を確立してもらいたいです。




で。リップル。
便宜上、ビットコインとまとめて「仮想通貨」としましたが、似て非なる物です。
またまた大雑把に私なりの解釈を書いていきますが、
リップルは『トークン(引換券)』と言うコンセプトを持って生まれました。

様々な通貨(ビットコインも含む)を行き来しやすくするための中継点と言えば良いでしょうか。

わかりにくい例えになりますが、


円⇄ドル⇄ユ⇄ロ⇄人民元 ではなく


  ユーロ
   ⇅
円⇄リップル⇄ドル
   ⇅
  人民元

って事です。
今までなら銀行に行って、手続きして手数料払ってうんちくうんちく、、って部分が
0に限りなく近い手数料で、相手のウォレットに送信するだけで済むという事です。
そして発行数が1000億のこのトークン(引換券)を巨大な企業の出資を受けながら認知度を高めて来てる状態です。

広まれば広まる程、1リップルの価値が高くなっていくと言う事になります。
これからが楽しみです。





Tag: Ripple

Ripple(リップル)について<2>

少しお題とはずれますが、少しビットコインの事を書きます。

英語の記事になりますが、
CheapAir accept Bitcoin
との事です。


決して旅行代理店最大手ではないですが、安宿を探してると時々見かけるぐらいメジャーである事は確かです。
個人的にはだいぶビックリしたんですが、
まだまだ大手の企業は検討段階ではあるとは思うのですが、大企業も真剣にビットコインとどう向き合うべきかと言う答えを近い将来には出さないといけなくなるのかなと感じました。



と、ビットコインの話になってしまいましたが、
リップルも多大な影響をビットコインから受けているのも事実で、
仮想通貨として、もしビットコインが地位を確立した場合でも、釣られるようにリップルも仮想通貨の枠組みの中でそれなりに立ち位置を確保する事は間違いないでしょうし、ビットコインの投機熱が冷め、価値が低下した場合の避難所的な存在となった場合には価値が跳ね上がる可能性もありえる事だと私は思ってます。

今はまだ1リップルが$0.02-$0.03(2−3円)あたりをさまよってますが、
少し夢見ながらも現実味を持たせて、仮に1リップルが$1(100円)となればそれだけで30−50倍に膨れ上がります。これからがどうなるのか誰もわかりませんし、1日で数千円前後するビットコインも魅力的ではありますが、年末ジャンボ宝くじを買う感覚で、今リップルを手に入れて、2014年の年の瀬に多少は価値が上がってたらいいな。。と思いながらコツコツと私は貯めています。



検索にもまったくひっかからないようなこのサイトを読んでくれてる人、ありがとうございます。仕事終わって帰ってきて、カウンターが伸びてるとちょっと元気がでます(笑
あまり読んでる人はいないとは思いますが、どうしても入手する事が困難な方、ご連絡頂ければ今のレート等を考慮した上で可能な限り安価で少量ですがお譲りはできますので、ご連絡下さい。



と話がずれてしまいましたが、リップルもまたビットコインの採掘とは違うのですが、お手伝いをする事で、毎日リップルを受け取る方法もありますので、それは後日また時間がある時に書こうと思います。



Tag: Ripple
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。