スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国銀行Ripple導入について。

crossriverbank-cbwbank-blogimg.jpg
(by Ripple Blog)


先日に発表された、米国ベース銀行
CBW Bank, Cross River Bankがリップルプロトコルを採用した事により
米国金融業界の改新への第一歩を踏み出しましたのですが、

この第一歩が今後どのような変化をもたらすのか?


「米国銀行がリップル採用?こりゃ凄い事になんじゃね?」


と、ちょっとぼんやりとした発表ですが、
この米国へのリップルプロトコル導入といった第一歩が
今後どのような影響を与えるのか少し掘り下げて書いてみようと思います。


前回も書きましたが以前から言われている通り、まず金融機関がリップルプロトコルを採用する事により、
顧客である我々がまず始めに受ける恩恵として国際送金サービスとなるでしょう。


あまり国際送金を利用する事が無い方には無縁かもしれませんが、

送金例として
仮に2万円を日本→米国と、ゆうちょ銀行を用いて国際送金した場合。

様々な手数料が課せられるのですが、総手数料額は今現在のレートで、約5200円となります。
これは2万円を送金した場合、受金側に届く金額が、円換算だと14,800円となり、手数料率は約26%です。


2万円送金により、約26%が手数料といった形で送金に関わる様々な機関に徴収されているのが現状です。


利用する送金業者によって手数料には差がありますし、
基本的には送金総額が大きくなる程、送金手数料は安くなります。
ただ、まとまったお金を海外へ送金すると言った事は普段の暮らしではあまりないかと思います。



この国際送金の際に多額の手数料が発生してるのですが、
その要因の一つとしてコルレスバンクがあります。


今回導入した銀行はこのコルレスバンクを利用せずとも、国際送金を行う事を可能とさせます。
これにより、高速に低コストで国際送金ができると言うコルレスバンンクに対して大きな競争力を持つ事になります。
さらに、今後の世界中の中小金融機関がリップルプロトコルを採用する事によって、このコルレスバンクへの「競争力」とネットワークを広げていく事により、既得権益にガチガチに守られたコルレスバンクの必要性についてを問う事になるでしょう。



まさに小さな風穴が開いたと言えるかと思います。


今後のRippleにも期待です。

スポンサーサイト
Tag: Ripple

<手短>Ripple遂に米国ベースBankと提携!

じっくりと書きたい内容なのですが、時間がないので手短に。。

本日、Rippleブログにも発表されましたが、

米国ベースのCBW BankとCross River BankがRippleと提携です。

先日のブログ記事で、「とは言ってもまだFidor銀行だけ」と書いた矢先でした。

US Banks Announce Ripple Protocol Integration

Ripple’s payment protocol comes to the U.S.

Ripple Labs Signs First Two US Banks

情報が山盛りです。

保守的な金融業をRippleはこじ開けた。風穴が開いた。
素晴らしいと思います。

後日、またブログにて詳しく書こうと思います。


Tag: Ripple

Ripple or Stellar?

Stellar(ステラ)か?Ripple(リップル)か?


仕様がどうと言うのは省きますが、ぐちぐちと書いてみようと思います

読んでおられる方は周知だとは思いますが、ステラはリップルのほぼコピペです。
良く言うと改良版です。


人それぞれ考え方、捉え方は違うと思うので、私はどちらでも良いのですが、
最大の違いは「目指すべきゴール」だと思います。


ご存知リップルは金融機関へのRIpple導入へ向けて精力的に活動を行ってます。

この活動が功を奏した際何が起きるか?
顧客である私はサービスの拡張、手数料が安くなるなど、様々な恩恵を受け取れるでしょう。
これは是非とも普及してもらいたいです。


でもちょっと待ってみて下さい。


金融機関が儲かる仕組みが再構築されたからこそ、顧客へのサービスが向上するわけです。
これだと、金融機関の再強化となるだけであり、リップルもそして金融機関も安泰。
既得権益は守られて、めでたしめでたし。となるわけです。

リップルを利用しようと思った際にわざわざ個人でリップルを利用なんてしなくて良いんです。
金融機関が代わりにやってくれますから。手数料少しを上乗せして。
これは以前から言われていることです。


次にステラが普及した場合にどうなるか?
それはもう、金融機関必死ですよね。
手数料はかかる。時間もかかる。夜間は利用できないし休日も利用できない。
大半の人は金融機関はなるだけ利用しなくなるでしょう。


millennialsの結果からも分かるように数年後には金融機関が無くなると思っている人も多数いるわけです。


ただ長い歴史をかけて築いてきた金融機関の信用を塗り替えるのは容易ではありませんし、
金融機関が無くなるなんてのは考えれない上に、あったとしても当分先の話でしょう。
世の中が回らなくなってしまいます。


仮想通貨自体の歴史が浅いのは当然の事ですし、MtGoxのような事がまた起きる可能性も否定はできません。
とはいえ、Mt.Goxにより取引所及びゲートウェイが、より安全により信用できるように進化したのも事実ですし、
銀行が過去に破綻した事があるのも事実です。


ビットコインが世に生まれたようにステラも含めて仮想通貨が普及する事で
革新的ゲートウェイを構築する企業や天才が現れかもしれません。
また普及の過程で進化、改良され信用を構築して行くことも十分に考えられます


Bitcoin Ripple Stellar 仮想通貨全てが今現在成長の途中なのです。

他の仮想通貨が育っても良いでしょう。

仮想通貨も含め人が創り出すあらゆる物が、様々な仕様を持って生まれてくるわけですから、自分に合う通貨を選べば良いと思います。


さて、ステラとリップルに戻りますが、
ステラが繁栄する事によりリップルも改善、進化し、
リップルが繁栄する事により、ステラも改善、進化する。
この共存共栄あってこそのRippleとStellarだと思います。


リップルを利用してる人はわかると思いますが、理解する前に挫折してしまいそうなほどに難解です。
日本人の教養レベルだと理解できるでしょうが、私が思うに世界中では理解できない人が大多数でしょう。

それに比べ、大衆への普及を前提に構築されているステラは相当敷居が下げられてます。


大衆がステラを用いることによる金融機関へのプレッシャーとリップルによる金融機関の強化。
このどちらもが、共に健全に育つ事が共栄できる近道だと思います。


Rippleを米国バンクが採用云々との噂もありますが、まだ採用したのはFidor銀行だけ。
Stellarに至っては公開2ヶ月も経っていませんし、まだTradeさえできません。


パイオニアであるBitcoinでさえPayPalが導入と、とんでもないBigニュースが出てはいるものの
投資、投機筋で盛り上がってるだけで、一般層には全く普及してないですからね。


私は共存こそがどちらにとっても良い結果を生むと思うので気長に共に応援してます。



personal-95715_1280.jpg

日本でのビットコイン決算始まる

日本のビットコインの決算インフラが急速に広がりを見せてます。

半年程前に、一旦は「モノ」として扱う事を決めたので普及するのは相当先になるのかな、、とは思っていましたが、
ここ最近で一気にインフラ整備が進んでるのを感じます。

Bitbank Offers More Bitcoin Choices for Japanese Businesses(by coindesk)
にも紹介されてますが、

ビットバンクペイさんに、

GMO PAYMENT Gatewayさん

とか。


この一旦流れ始まると日本全体が一気に動き出し、急速に普及するのが日本らしくて私は好きです。
米国人とか「あえて否定」ばっかだからねぇ。。
すぐムキになると言うか。。人と違う俺 Cool Man!!!的な。



それはさておき、決算インフラが普及する事は素晴らしいですね。

今まで、ビットコインを所持していても

今日は上がった、下がった。


ぐらいしかやる事がなかったのですが、ビットコインが決算通貨として利用できる事により
普及への起爆剤となればと思います。





Tag: Bitcoin

Stellar Trading System

Stellar(ステラ)でTrade機能のテスト運用が現在行われいます。

ステラトレード

上記リンクよりTrade設定をONにする事でトレード画面を見る事ができますが、かなりシンプルに仕上がってきてると感じます
stellar Trade



TradeとGatewayはStellar(ステラ)が機能する為には共に必須であり、

Gatewayによってあらゆる通貨や財貨がStellarネットワーク内に発行され、

Trade機能がこのあらゆる通貨と財貨の価値交換をStellar内で可能とさせる。




まだStellarは始まったばかりであり、
今後Gatewayは増えていく事かと思いますが、
Stellar、Gateway及びコミュニティーが健全に育ってもらいたいと願っております。




前回のあまりに暴利なSTRの扱い方をしてるインターナショナルサイエンティフィック社のような不健全すぎる育ち方はして欲しくないので、


私自身も情報を発信している身として今後、Stellarが健全に育つ為に何かできる事がないかと模索してます。



遂に水がIOU!!! 重水素減少水が仮想通貨に!! 超先鋭的なビジネスが誕生

今なら新通貨PPM発行記念により無料配布キャンペーン中!!


的な感じで紹介したかったですね。どうせなら。





Stellarとは関係ないですが、
通貨詳細にRipple初学者向けをまだ追記中ですが追加しました



*STRの高額販売*

ビットコインと言えば大石哲之さん。
私のブログを読んでくれてる方でご存知の方(ほぼ全員?)も多いとは思いますが、ステラについて触れられてます。


こちらの記事です

『3万円の仮想通貨を、50万円で売り出す事案を観測』
stellar water
画像をお借りしてきましたが、
1STR=5円となっています。



丁度今、私のブログの左側にレートが出てるかとは思いますが、
最近は1STR=0.3〜0.4円となっています。

商売として行ってるかとは思うので、原価での販売は出来ないのはわかりますが、
大きくかけ離れ過ぎすぎかと思います。



Stellarの発展を願って細々と私はブログを書いていますが、
あまりに気分が良くないので、翻訳してStellar側へ報告しときます。





話が変わりまして、まだテスト運用ですが、Stellarにトレード機能が搭載されました。

着実にStellarの開発が進んでいます。

Stellarトレードについては次回にまとめて書こうと思います。





Stellar Multicurrency実装②

Stellar Multicurrencyが搭載された事により
様々な通貨や財貨をStellar(ステラ)ウォレットに預金できると言う事を前々回に書きましたが、


その際、ゲートウェイとして登録したjustcoinは
BTC ビットコイン
LTC ライトコイン
NOK ノルウェー・クローネ
EUR ユーロ
XRP リップル
計5種のクレジットの発行を行っています。
これにより、上記5種の通貨及び財貨がStellarウォレット内にて預金可能となったのですが、

Stellar Multicurrency搭載によって、送信時に通貨、財貨の選択が可能となってます。
(Rippleを熟知されてる方はご存知かと思います)

こちらも百聞は一見にしかず。
体感されるのが一番ですが、軽くどうのような事が可能になったのかを説明していきます。


go to the moon
わざわざ画像を貼る必要もないのですが、ウォレットにログインし、上図のSendを押す事により、


ステラ送信1

送信画面が表示されますが、送信先を入力すると、上図の赤枠内に選択肢が追加されているのがわかると思います。

これはStellar Multicurrency搭載によって、通貨や財貨の価値交換が可能になった事を意味しています。


この送信例についてもう少し詳しく書きます。


受信側は0.0005BTCをリクエストしているのですが、
送信側はSTRしか所持していないので、BTCの代わりに95 STR(画像の緑枠)を使って送信を行おうとしている画像です。
そしてこの送信を行う事により、送信側は95 STRがウォレットから無くなり、受信側には0.0005BTCが増えて送信が完了します。


両者が自分にとって都合の良い通貨、財貨を用いて送信が可能となる

そして、この送受信の行為が以前に書いた携帯電話のSMSで行えると想像してみてください。


さらに前回のStellar Inflation Systemによる競争原理により様々なビジネスモデルの誕生、サービスの拡張によりSMS以外にも革新的な技術が開発されていくかと思います。



様々な通貨や財貨に対してクレジットを発行するゲートウェイは今後も新しく生まれていきます。





*送受信の際に非常に重要となってくるTrade機能は現在構築中です。
 これについての議論は→こちら(英語)
 日本語にてこの議論について言及されてるブログは→こちら(by Virtual World 株式シミュレーション)

Stellar Inflation System

前回紹介したStellar Multicurrencyと同時にひっそりと発表された、インフレーションシステムについて。

Stellarウォレット内の設定画面より、INFLATION DESTINATIONから投票先を選択できるようになってます。インフレ先

ただ、現時点ではまだSTRの配布は行われていないので、
今後開発が進みどのように行われるのかが明らかになってくるはずですが
このインフレーションシステムについてを軽く説明を書いておきます。


Stellar(ステラ)はRipple(リップル)をベースに開発され、
より簡単に親しみやすく扱いやすく改良が行われていますが
ゲートウェイシステムや初期に創出されるクレジット総数が1000億など似た部分も多く、
取引毎にごくごく少量(ほぼ0)のクレジット(STR.XRP)が消費され手数料となるのも同じです。


ただ、StellarはRippleとは違い、この消費による総STRの減少と、経済成長を考慮した上で年率1%で新たなSTRが毎週創出されます。


この新たに創出されるSTRをStellarアカウント所有者全ての人が参加でき、
直接投票にて配布先を決める機能がINFLATION DESTINATIONとなります。



この投票結果により新たに創出されるSTRを受け取る為には様々な条件(投票総数上位50以内etc)がありますが
直接投票にて票を得るにはそれなりのサービスの提供を行う必要もあり、
当然この創出されるSTRを得る為に競争原理が働き、
新たなビジネスモデル、サービスの拡張が随時行われ、永続的な発展が見込めます。


またSTR所有者にとっても要望にあったステラのインフラ整備が行われやすいと同時にSTRの価値が高まると言ったメリットも生まれます。


これが今後どのような展開を見せていくかは実際に稼働してみないとわかりませんが、
Stellarらしさが表現されたこのシステムには期待したいですね。



より詳しくこのシステムを知りたい方は こちらを参考下さい。

Stellar Multicurrency 実装

Stellar(ステラ)の開発が着実に進んでいます。

先週から試験運用されていたStellar Multicurrency が実装されました。
今後様々なゲートウェイが誕生するかとは思いますが、
これにより、Multicurrencyの名に相応しく、様々な通貨及び財貨をStellar内に預金する事が可能となります。


実装される事で、どう変わったのかは百聞は一見にしかず。
体感されるのが一番かと思いますので、
簡単に登録の仕方を書いておきます。

まず、ステラアカウントにログインを行うと、
マルチ通貨1
画面中央に小さく書いてある {add acurrency} と書いてあるのでクリックすると、上図のような画面となります。
次に「ADD GATEWAY」の欄にゲートウェイドメインを入力
今現在、一番活発に取引が行われいる justcoin.com でも入力してみましょう。
後は、ブルーのボタン {Show supported currencies} を押します


すると画面が変わり、利用できる通貨が表示されます。
justcoinの場合は、ビットコイン、ライトコイン、ノルウェー・クローネ、ユーロ、そしてXRP(リップル)となり、ブルーの {Trust Justcoin.com} をクリック。
マルチ通貨2

これで終了です。

リップルを経た事でシンプルに扱いやすく洗練された形になったかと思います。
直感的に登録も可能ですし、なによりこの利用の際の敷居の低さがStellarらしくて良いと思います。
マルチ通貨3

こちらがバランスの確認画面です。
試しに0.1BTCをjustcoinから送信したのですが、5秒程で送金が終わりStellar側にて確認。


今後Stellarにとって非常に大切なTrade機能が追加されてきますが、
特別な知識無く扱う事が出来るレベルにまで洗練してくる事に大いに期待です。


時間のある方は是非お試し下さい。

お知らせ

少しずつですが、Stellar(ステラ)Ripple(リップル)についての概要をまとめていってます。

通貨詳細まとめ

少し、本職が多忙でして(言い訳)少しずつ追加していきますので、時々覗いてやってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。