スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Justcoin 11/11にて運営終了のお知らせ

justcoin end

Justcoinの運営が終了するそうです。

STR及びXRPがハックされたばかりですが、
今回の運営終了は偶然重なっただけであり、この件とは関係ありません。
銀行との折り合いがつかず、あらゆる解決方法を模索しましたが、終了する事となります。

すでに入金は停止されており、取引に関しては本日までとなります。
完全に運営を終了するのが11月11日となりますので、
それまでに出金の手続きを行ってください。
すべて手作業にて対応するので、出金の手続き完了が場合によっては時間がかかりますが、
最高でも24時間以内に処理します。


と要約となります。

Stellarの取引所として重宝していたので、非常に残念ですが、
Mt.Goxとは違い、誠実に対応しているかと思います。

justcoinを利用されていた方、なるだけ早く手続きを終了する事をお勧めします。


スポンサーサイト

Shift’s hybrid card β Test 3

Shift Cardの衝撃がデカすぎてShift Cardネタが続きます。

RIppleに詳しい人には不必要な説明かもしれませんが、
Rippleが持つ中間的通貨(XRP)とTrade機能そしてShift Cardが連動する事で、脳内がsuper活性化されます。
今後、誰も想像できなかったような素晴らしいアイデアがIOUに組み込まれ事業化されていく事でしょう(Stellarで育つ可能性もありますが)


今後どのようになっていくのかワクワクが止まらないのですが、


今現在でもできる事例として、
Ripple内IOUの中でも異色を放つ日本初で発のモナコインもShiftCardを通せば支払い通貨として機能します。
Ripple MON-XRP
RIpple Trade機能を利用して、MONをXRPに両替し、支払いに使う。
MON→XRP→USD

最近は運営が胡散臭くて利用者激減中のXNFも
Ripple XNF-XRP
と、Trade機能を使い、XNFをXRPに両替し、支払いに使う。



いやぁ、、ホントXRPは決算通貨として利用できる事になって本当に素晴らしい進化をしたと思います。

ゲートウェイの安全性、信頼構築そして信用を得る事がそのままIOUの信頼に繋がり、Ripple内へのIOU供給、取引量が増える。
商売上にて信頼のあるIOUが決算の通貨として利用される。(現在のShiftCardではUSD,BTC,XAU)
そして様々な仮想通貨もコミュニティーの力でIOU需要を高める事により、ゲートウェイの運営の強化が行われる。
鶏が先か、卵が先か。
すごく楽しみです。


個人的にはビットコインと比べてゆる〜い感じであるモナコイン及びコミュニティーにも是非Rippleに参戦し、普及してもらいたいと思ってます。
ビジネス路線ガッチガチな仮想通貨ばかりだと、窮屈すぎて息苦しくなってしまいますしね。
ゆる〜い感じでGet Free 5Monacoin→無料で5MONを現在配布中




Shift CardはRipple(XRP)決算のインパクトがでかすぎて影に隠れてますが、ビットコイン(BTC)での支払いも可能です。

coinbase BTC

ビットコインを利用した支払いは米国拠点のCoinbaseを利用してBTC払いが現在は可能となっていますが
(CoinbaseもBTC売買には個人情報登録&承認が必要ですが、Webウォレットとして利用するだけなら個人情報は必要ありません)
Coinbaseは米国外への進出に精力的に活動を行っており、
ユーロ圏6カ国語にも対応しました→Coinbase Blog

ちなみにcoinbase Webの日本語翻訳を手伝う事も可能です→ここから

ビットコインがリアルで決算通貨として利用できると言うのは半年前では考えられなかったのですが、現在Shiftcardはβテスト中ですが、今後は様々なオンラインウォレット(Blockchain等)にも対応され、受け手側(事業主側)がインフラ整備を行わずともビットコインの支払いが可能となってくるかと思います。


仮想通貨のみでリアルで商売を行う未来図を思い描くのは非常に楽しく、妄想が止まらないのですが、
でもまずその前に、仮想通貨と法定通貨を繋ぐ。
仮想通貨が現実の世界で当たり前のように利用される日が近づいてきてると思います。
ShiftCardにはこれからも期待です。

Stellar更新&Shift Card

300.png

Stellar公開からまもなく3ヶ月が経ちますね。
早いものでStellarアカウント数が330万突破です。

Stellarが公開され、すぐに様々な関連サイトが発表され、

9月にはステラにStellar Multicurrencyが実装されました。
Stellar Multicurrency実装
Stellar Multicurrency実装②


そして10月に入り
Stellar Tradeも稼働しました。
Stellar Trade


そして、本日Stellarのホームページもリニューアルされました。
https://www.stellar.org/

Stellar Home

Stellarの目指す、大衆への普及を意識した仕上がりかと思います。

公開から3ヶ月ですが着実に基盤を固めつつ、成長しているのを感じます。

良い感じでリップルと色分けが行われているかと思います。




リップルと言えば
最近はもっぱらShift Cardで色々とお買い物をしながら未来体験してますが、

photo (1) のコピー
上図はRipple内にIOUされているXAUでお買い物をした時の詳細です。
RIppleネットワークを利用して、私は「金(ゴールド)」を払い、受けては「USドル」を受け取る。
不思議体験は続いています。



Shift’s hybrid card β Test 2

今の仮想通貨の状況においてShift Cardはとてつもないパワーを秘めている事は前回に書きましたが、


パイオニアであるビットコインは今年に入り世界規模で決算インフラを広げており、
着実に決算に利用出来る店舗が増えています。
世界中でビットコインが扱える店舗参照→http://coinmap.org/


ですが、ShiftCardを用いた決算はこれとは比べものにはなりません。


既存のVISAネットワークを利用するので

MasterCard-credit-cards-and-Visa-If-you-apply-for-both.jpg
このVISAマークがついてる所なら世界中どこでもビットコインで支払いする事ができます。
もっと言うならカード払いができる所ならどこでもビットコイン払いができると言っても過言ではないと思います。
今まではビットコインによる支払いには受けて側(事業主側)の対応準備が必要でしたが、
Shift Cardを利用する事で、事業主側は何もせずとも顧客はビットコインで支払える事になります。


現在と未来の融合。
まさにハイブリッドカードの名が相応しいと思います。


そして、Rippleも同じくVISAマークがある所で
今まで中立的通貨であったXRPを決算通貨として利用する事ができます

shift XRP1

上図は前回のコーヒーを買った際の詳細です。


コーヒー1杯350XRP


書いてて不思議な気分。
新しいオンラインゲームの話ではないですよ。


Ripple Trade XRP-USD

Ripple内での処理は、自動両替機能を用いて送金されており、XRP→USDとして処理されてます。


私はXRP払い。セブンイレブンはUSDを受け取った。衝撃です。


Rippleが備えている中立的通貨XRPとTrade機能が相互に作用して始めて成せる事です。
今まで避難所的通貨、取引処理として機能してたXRPに決算通貨と言う大きな価値が付与さると同時にTrade上でXRPの流動性が生まれます。
これはXRPにとって非常に大きな事です。


「 If 」話をすると妄想が止まらなくなるのですが、社員のお給料はXRP払い。駐在さんにもXRP払い。
企業がIOUする様々なポイント(例えばKとかRとかTとか)も必要な人と不必要な人が交換、そして決算へ。
地域限定IOUも不必要な人は別のIOUへ。
ビットコインの普及により陰が薄くなりつつあるモナコインもリップル内にIOUする事で決算通貨として機能し新たな活路が見出す事も出来ます。
妄想が止まりません。



shift cardは世界中で利用する事ができ、海外発送にも対応してる模様。
現在はβテスト中で発行制限がかかってますが、登録してみては如何でしょうか?
登録先はこちら→Shift β Test
アクティベート及び送料の支払いはXRPかBTC払いと粋な感じです


そしてリップルに興味を持ってしまった方。
現在登録不要でアクティベート用XRPを日本で唯一無料配布してるリップルギブアウェイ団はこちら→ギブアウェイ団

リップルってなーに?と思われる方はこちら→初めてのRipple


ちょっと楽しくなってきたので1日Crypto生活でもしてみようと思います。




ーーー 追記 ーーー

現在日本からshiftcardのWebにアクセスが出来ないそうです(10/16/2014)
βテスト受付終了(10/17/2014)

Justcoin再稼働

justcoinからのお手紙

今現在justcoinにおいてStellar及びRippleの取引等が再稼働してます。


それと同時にjustcoinからメールが来ました。

約3日間取引が出来なかった事への説明となります。
「partial payments」を利用し、第三者によって不正にIOUの取引が行われ、結果としてコールドウォレットは無事であったが、ホットウォレットが空になってしまい、この問題が解決するまで全てのサービスを停止しました。

justcoinとして、この責任を取る事は出来ないし、今後も責任を取る事はありません。
約2ヶ月前からRIpple及びStellarにこの脆弱性がある事が分かってた上でRipple及びStellarが管理し続けた事。この事に関して今までに明確な警告が無かった事を踏まえた上で私達はRIpple及びStellar側に責任があるかと思います。

結果として4.18%のSTRが無くなりこれをホールド扱いとし、
この問題が全て解決したと判断できるまではデポジットに関しては停止。取引及び、引き出しに関しては再開します。ただし、ホットウォレットーコールドウォレット間への送信が必要となるので、処理に時間が必要となる事はご理解頂きたい。

今現在、RIpple Lab及びStellar財団と話合いを進めており、全力で解決を目指しています。
ご理解、ご協力お願いします。




とざっくりですが、要約です。

追記ですが、Rippleに関しては23.27%となっています。




衝撃のShift Hybrid Card Beta Test!!

これは本当に凄い。ぶったまげました。

ある程度仮想通貨の仕組みは理解してるつもりですが、
今までにない感覚です。適切な言葉が見つからないと言うか。


自分の頭の中ではこのShift’s Cardを使うと仮想通貨でお買い物ができると言う事は理解してるのですよ。
でも実際に支払いを済ませ終わった際にはなんと言うか、
ポイントでも通貨でもない、仮想通貨での支払いを行ったと言う
今までにない感覚です。感動しました。


2ヶ月程前に書いたShift’s Hybrid Card
このβテスト用カードを入手しました。



このShift’sカードは一体何ができるのか?

VISAカード決算ができる所なら(世界中)どこでも支払いができ
所持してる仮想通貨を使いリアル社会で支払いが可能となる
まさにハイブリッドカードです。



今現在もβテストにて試験運用中ですが、
shift card1
こちらが通貨選択画面。
私はまずはビットコインとリップルをコネクトしたので、
利用出来るのは

Coinbaseのビットコイン
Ripple内にあるBTC XRP USD XAU

となってます。
*BitstampのBTCはRipple内のBTCです

そしてこちらが支払い後の詳細。
photo 3

photo 4

上段がセブンイレブンでコーヒーをXRP払いで買った詳細。
下段がランチをBTC払いで食べた詳細。

支払いに利用した仮想通貨が違う事がわかるかと思います。
私はその時に利用したい仮想通貨を選び支払いを行いました。


XRPに関してはもう少し拡張して考えると
XRP払いが可能と言う事はRipple内にIOUされた物をXRPと交換できるのであれば
なんでも可能になります。


私が仮に米国子供向け番組としてはぶっ飛びすぎてる
Yo Gabba Gabba *中毒性あり

このフィギア1体と交換できるIOU(YGG)を発行し、
YGG/XRPがRipple内にて取引が成立するなら
YGGがXRPを経由する事でリアル社会で支払いが行えると言う事になります。




次回はもう少し詳細を書いていきます。
Tag: Ripple

justcoin停止中2

無事に復されてますようにと願って眠ったのですが、
今現在も復旧はされておらず。


StellarもRippleもゲートウェイ及び、取引所は推奨、人気である事を発表してるだけで、
提携、関連企業ではないと以前から繰り返し発表はしていますが、

参考としてTalk内で
Stellar側はこの事で何か言ってないの?→こちら

このスレッド内で

JED氏が
We are waiting on justcoin to update, but here is our update: https://www.stellar....rtial-payments/
justcoinの更新待ち中だけど、うちらの発表はここ。との投稿。


JED氏のリンク先はStellar公式ブログであり内容は→こちら

内容としては

「partial payments」は現在は停止されており、
(分割払い的な物なのでしょうかね?)

この機能は正しく理解してないと、損失が出る事を
10月8日付けでゲートウェイ側には連絡を行っている模様。


このお知らせを受けてjustcoin側は確認作業及び対応処理を技術的な問題と発表して機能停止をしてるのか、

またはTalk内にて
どうやって盗まれたSTRを取り戻すか考えようぜ!→こちら
とまだ発表はないですが、盗まれたと前提して議論となっており、本当にハックされたのか。


肝心のjustcoinは
justcoin2.png

XRP及びSTRの引き出しは現在停止中であり、なるだけ早く再開します。
他は大丈夫よ。

と、これを最後のアナウンスとしています。



待てば海路の日和あり

待ってますよ。justcoinさん

Justcoin停止中

justcoinが現在、Stellar及びRippleの取引、引き出し機能が停止中です。

justcoin.png

先日の時点で、STRとXRPを省く通貨は復旧の模様ですが、
ハックされてMt.Gox再来か?との噂も出てますが、現在の所、公式に発表はされていません。

利用予定の方、利用されてる方、要注意です。

Stellar Gateway ONECRED

Stellar(ステラ)公式ブログにて発表されたStellar Gateway ONECRED

非常にシンプルで、2、3ステップで終わりますが、
一応扱い方を書いておきます。

ONECRED

onecred.png

記入欄上段に、ご自身のStellar nameかAddressを入力し、Send BTC to Stellarをクリック

send bitcoin
次画面にて、上図の青枠内のアドレスにビットコインを送りましょう。

ビットコインなので、送信認証されるまで30−60分程かかりますが、
これで、BTCがStellarWalletに入ります。非常に簡単です。


Trade bit ask

まだ売買が少ないので寂しい感じですが、justcoinとそこまで価格が離れてるわけではないので、0.001BTCといった少額からでも取引ができるので、STRを買ってみたい方はお試し下さい。



BTC取引所が日本国内にできた事で、仮想通貨は基本的には全て市場価格で購入が可能となってるので、慣れる為にもまずはBTCを購入してみる事をおすすめします。



Stellar関連リンクに数件追加

StellarのTrade機能が正式稼働!

Stellar(ステラ)のTrade機能が正式稼働しました。


画面右上に trade と書いてるのでここからtradeが可能となります。

stellar trade2

こちらがtrade画面。Rippleと比べるとかなりスッキリとした仕上がり。



昨今、日本でもBitcoinを日本円で簡単に購入可能となってるので、Stellar Tradeを利用すれば誰もが市場価格でSTRを購入する事が可能となりました。


1度でも良いのでBTCを購入すればStellar Tradeを扱うのは困難ではないので、試してみてはいかがでしょう?

Trade画面の扱い方は後日まとめて書いてみようと思います。


ちなみに、
同じ通貨であっても違うゲートウェイの場合はきちんと別々に管理されます。

BTC balances
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。