スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIT Technology Review’s

”インターネット企業がより影響力を持つには、決算技術の改善は不可欠である”

 Stripe CEO Patrick Collison



American Express, Chase, Macy’s等の主要パートナーからの支援を誇りながら
Appleが新たな決算サービス(Apple Pay)を開始したのが今から3ヶ月前、2014年10月末。
だが、AppleはApple Pay公開へ向けて、創業からわずか4年足らずの企業と共に数ヶ月かけて開発を行った。
その企業の名をStripeと言う。


Stripeは企業がwebやApp等で簡単にクレジットカード決済ができるように2010年よりサービスを開始した。そしてそれは既存の支払い方法よりも扱いやすかった為に瞬く間に広まり、AppleがApple payをデザインする際にstripeを選択したことは自然な流れでした。

同社は、Paypal共同設立者ピーター·シール、イーロン·マスク、そしてマックス·レヴチン含むベンチャー資金提供者から1.9億ドル(220億円)を受け取った。


Tom SimoniteによるStripe CEO Patrick Collisonへのインタビュー


支払い処理は単純であるように見える。何が重要なのですか?
昨今における最もエキサイティングなテクノロジー企業はAirbnb(宿泊仲介業)やlyft(相乗仲介業)のようなモバイル市場である。ソフトウェアはあらゆる産業や市場を満たしている。
テクノロジー企業がもっとオフラインなマーケットに拡張していく場合、ビジネスモデルが支払いに重点を置くのは自然な事であって、Stripeはこれら企業の次の波の為にインフラを提供している。


世界中の商取引の内、電子商取引はわずか2%です。とても規模が小さいのはなぜですか?
インフラ不足です。もしあなたが南米や中国のWebサイトを閲覧した場合、ほぼ全てにおいて購入はできないだろう。ほとんど全てのwebはクレジットカードだけを受け入れており、必然的に北米や欧州の購入者に対して制限している事になる。


米国における電子商取引も全体のわずか6%しかありません。これはビジネス、又は技術的な問題ですか?
間違いなく技術上の問題です。
携帯電話でFacebookやtwitterから商品を見つけ、購入すると想像してみましょう。
リンクをクリックして、Webから商品を探し、「買い物カゴ」に入れ、住所やカードナンバーを入力し、精算ボタンをクリック。やっと購入まで辿り着いたのに購入処理に失敗。。店頭ならばただお金を渡すだけで済むのだが、デジタルではこれらを行うのは非常に手間がかかる。


Stripeはいくつかの先鋭的なアイデアに投資を行っています。ビットコインによる決算のサポートや、ビットコインの代替であるStellarに300万ドル投資してますが。
金融におけるロールシャッハ・テストのようなもので、ビットコインについて皆、金銭的な意味で様々な未来を映し予測している。私達はデジタルによる取引や処理をより広く行われる事に注力しています。ビットコインが一般的になると言う事は価値を転送させる要素があると言う事である。
ただ、ビットコインにはいくつかのユーザー・エクスペリエンスの問題点があります。
取引処理が完了するのに時間がかかる事と、Bitcoinを入手することの難しさ。
Stellarは従来の通貨をデジタルの世界に移す事ができます。取引処理は瞬時に行われます。
インターネットの為のユビキタスであり、使いやすい商取引インフラを構築する事を助ける様に見えるので、私達はステラを支援する事にしました。



ー翻訳元ー
http://www.technologyreview.com/news/533996/increasing-the-gdp-of-the-internet/
スポンサーサイト

デジタルの通貨が世界を変える5つの方法

仮想通貨は国際取引、金融取引、決算等、仲介者を介さず安全且つ即座に資金を送る事ができる革新的な技術です。
未だ利用された事のない新しい方法でビジネスを行う事ができるでしょう。

仮想通貨が世界を変える5つの方法を記載します。


1, より早く安く

今日の銀行による送金は非常に古いままであり、国際送金は国家によって差はあるが、場合によっては1週間程かかり、国際決算における摩擦に直面してる。
銀行振込はビットコイン等の仮想通貨を利用する事で即座に安く早く行う事もでき、
またリップルはこのような新しい通貨を利用せずとも、プロトコルを利用することで異なる通貨間(例:ドル→ユーロ)で資金を安全に送金する事もできる。


2,国際送金

途上国からの移民は母国へ毎年5000億ドル(約60兆円)以上の国際送金を行っています。この際、仮に200ドルを送金する場合は平均して6−10%程の手数料がかかり、この手数料はまた非常に大きな負担でもあります。
仮想通貨と言う新しい技術はこれらの問題をより早く、安くする事が出来る可能性を秘めており、携帯電話を利用した個人間での直接送金が可能となります。
従来の国際送金よりも安く送金が出来るためにコストを削減する事ができ、
小さな企業でも新たに送金市場に参加しやすくなり、また地方や新たな国にサービスを提供する事もできるでしょう。


3,貧困層の安全な資産管理手段

モバイル技術が爆発的に普及しているアフリカはこれらの技術がより洗練された時には途上国を押し上げる可能性がある。ケニアにおける商取引の手段として60%以上は携帯電話によるクレジットを利用して行われており、誰もが携帯電話を使って支払いや、友人等にクレジットの送金が可能となっています。現金化せずにクレジットのまま利用しているのは、現金化手数料が20%程必要と言う大きな問題の為でもあります。

仮想通貨はまた、銀行口座を持つ事が困難な国での安全な支払い方法にもなり得ます。
国家における第2通貨としてリスク等を明らかにした上でビットコインを利用した際には特にインフレ国家では既存の自国通貨よりも良いかもしれません。
自宅に、宝飾品、装飾品又は現金として保管するよりも物理的にも安全でもあり、
またビットコイン取引所にて、より安定した通貨へと交換する事も可能となり、国際金融市場へのアクセスの拡大、インフレからの保護にもなります。
そしてこれは資本規制が難しくなる事にも関係してきます。


4, 電子商取引(Eコマース)の可能性の解放

今日、クレジットカード詐欺への懸念はオンラインを用いたビジネスを遠ざける要因になっており、このような詐欺行為の為に非常に多くの企業が国際間の支払いを受け付けていません。
その為、ビットコインなどの仮想通貨を利用する事で、これらの詐欺の危険性を排除し、世界中に対して販売する事ができます。そして利用者はまるでE-mailを送るように簡単に支払いができ、よりスムーズに行われるでしょう。そしてまた発展途上国の中小企業をグローバルな世界へと繋ぐ可能性を秘めています。
中南米から手作り商品を世界へ。中国の若者によるSkypeを利用したマンダリン(広義の中国語)個人授業。また手数料の低さは、世界中のマスコミの記事毎、カテゴリー毎等、少額決算も可能となります


5, スマートコンラクト

スマートコントラクト。資産がデジタルになるとそれは自動的に動かす事ができます。
例えばエスクロー。買い手はエスクローに代金を預け、売り手は権利を譲渡した時のみ代金を受取る。
アームスレングスで取引をしたいと願ってる個人にとって最大の障害は信用問題である。
これがデジタルの場合だと簡単に行える。

multisignature は複数の個人が承認した時だけ、お金が動く。
これはデジタル資産の盗難を防ぐことができる。
また国際間でお金を動かす企業や発展途上国の企業と契約してる慈善団体にとって、紛失、盗難が行われていない事を確認する事もできる。



ー元記事ー
https://agenda.weforum.org/2015/01/5-ways-digital-currencies-will-change-the-world/

2015年

遅すぎですが、あけましておめでとうございます。

年末年始と、引っ越しをしてまして、やっとこさ新居が落ち着いてきたので久々の更新です。

狭い家で数人でシェアして暮らしたり、大家の都合で突然引っ越し命令がだされたり、
友人の家で仮住まいをさせてもらったりと、
米国に住み着いてから渡り鳥のように引っ越しを繰り返し、今回で7回目。

なるだけ身軽に暮らす事を心がけてはいるものの、
引っ越しの度に荷物は増えていき、気がつけば物の山で、今回はかなり手強い引っ越しでした。


この月曜日は「I have a Dream」で有名なマーティンルーサーキングJrデーでもあり、国民の休日でした。
米国は黒人奴隷時代から、1862年リンカーンの奴隷解放宣、そして黒人への公民権適用の為に大いに貢献したマーティールーサーキングJr牧師。
現在の米国は人種差別に対しては非常に厳しい処罰がありますが、未だに人種差別は行われており、現在も根強くある米国の社会問題の一つです。


かくゆう私も、在米歴は長くなりつつありますが、日本人である事、ネイティブではない英語で差別を感じる事は多々ありますし、
文化の違いや少ない英語ボキャブラリーからの誤解等からくる私の過ちが差別を招いてる場合もあるのでしょう。



2014年は仮想通貨にとってとても刺激的な1年だったと思いますが、
2015年も昨年以上に盛り上がりを見せてくれるはずです。


Bitcoin

Stellarのボードメンバーでもある伊藤穰一さんがBitcoinについて初めて見解を出しています。

I believe that Bitcoin is the first “killer app” of The Blockchain as email was the killer app for the beginning of the Internet.We are in the process of inventing eBay, Amazon and Google.
My hunch is that The Blockchain will be to banking, law and accountancy as The Internet was to media, commerce and advertising. It will lower costs, disintermediate many layers of business and reduce friction.


私はインターネット初期のキラーアプリがE-mailだったのと同様にblockchainにとっての最初のキラーアプリがBitcoinだと信じています。
私達は今、ebayやamazon、Google等が創造される過程にいます。
私の勘ではインターネットがメディアや広告等に用いられたように、Blockchainは銀行業、会計、法律になり得るだろう。
それはビジネスにおける手間や衝突を減らし、コストを軽減させます。

詳しくは以下リンクからどうぞ。
https://www.linkedin.com/pulse/why-bitcoin-isnt-like-internet-joichi-ito


Ripple

EathPortとの提携以来穏やかな年末年始を過ごしていたRippleですが、

Ripple Labs today announced that it has named Gene Sperling, the first person to serve as National Economic Council Director and National Economic Advisor for two presidents, to its Board of Directors.
"I am excited to join Ripple Labs and their mission to dramatically increase the speed and efficiency of cross-border payments through a common Internet protocol," said Sperling.



クリントン及び、オバマ大統領の元でNational Economic Council Director と National Economic Advisorとして仕えたGene SperlingをRipple LabのBoard of Directorsとして加入すると発表しました。
「私は一般的なインターネット・プロトコルを介して、クロスボーダー決算のスピードと効率を高める事ができるリップルラボに加入できる事に非常にエキサイトしている」

詳しくは以下リンクからどうぞ。
http://www.marketwired.com/press-release/-1984524.htm


Stellar

Women generally don’t have equal access to banking and other financial services such as credit and lending. This gender gap widens further when looking at women among the urban poor outside of the United States and Europe.
Analyses vary, but Bitcoin’s users are mostly located in wealthy countries and regions: United States, Canada, northern and central Europe, and Australia.
For example, Stellar is now accepted at Piiko, a service that allows users to add prepaid credit to mobile phones in over 100 countries. Future partnerships will help meet the financial needs of the unbanked and reduce poverty.
In addition to English-speaking countries, Vietnam, Indonesia, China and Russia are top users of Stellar.
Because Stellar is building a public infrastructure for financial transactions, nearly anyone in the world will be able to develop other financial services such as credit and insurance that will provide economic security and foster female entrepreneurship.


基本的に女性は銀行や、融資等のサービスに対して、男性と比べて平等なアクセス手段を持っていない。性別間の差は、アメリカとヨーロッパ以外の都市部の貧困層を見た時に特に男女の格差は拡大する。
ビットコインは主に、先進国である北米や、ヨーロッパ、オーストラリア等を主とするが、
ステラは英語圏の国に加え、ベトナム、中国、インドネシア等がトップユーザーである。

例えば現在100カ国以上で携帯電話にプリペイドクレジットを追加できるPiikoはSTRを受け入れています。これは銀行口座を持たない(持てない)人の金融サービスのニーズを満たす事となり、ひいては貧困を減らすのに役立ちます。

ステラは金融取引の為の公共インフラを構築しているので、世界中の誰もがクレジットや保険等、その他の金融サービスを開発できるようになり経済の安定や、女性起業家精神を促進させる。

詳しくは以下リンクからどうぞ。
http://women2.com/2015/01/19/brand-new-cryptocurrency-fighting-financial-inclusion/?hvid=1k3wFi



本年度もBlockchain(Bitcoin)、RippleそしてStellar、
また米国の意外な日常なども不定期ですが書いていきますのでよろしくお願いします。

Saldo.mx

2ヶ月程前にリップル大幅リニューアルの際に発表された

米国に滞在しながら母国であるメキシコの公共料金の支払いをRippleネットワークを利用する事で可能とさせるSaldo.mxが新たに動画を公開しました。

Saldo.mx | Pagos sin fronteras from Marco on Vimeo.



アミーゴ感たっぷりな動画ですが、
米国在住のカルロスがメキシコに住む叔母の公共料金を米国から携帯アプリ経由で支払えると言った内容です。

saldo.mxについてはこちら→http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

上記リンク先にも国際送金について書いてますが、
(国際送金額及び手数料→http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

Remittances-around-the-wo-009.jpg
上図の画像からも分かるように、米国からメキシコへ極太線で表現れてるように送金額の多さがわかるかと思います。



話は変わって、
米国では未だに給料の支払いに小切手を利用している企業が多数である事や、
口座開設の敷居が高い、口座が無いと小切手の現金化が困難、そして口座維持費も高い(様々な条件があるが、普通預金口座でも平均的に最低15〜20万円程の預金を維持し無いと月額$15〜$20程の維持費が必要)


お金には非常にセコい米国人ですから、この送金額の多さに目を付けないわけがありません。
米国からメキシコへの送金時、平均手数料が7.2%となっており、
様々な名目で送金時に送金に関わる様々な企業が小銭を徴収しているのが事実です。



次に受金する中南米の都合。

国によって前後はありますが、基本的には物価が安い。
例えば意外と知られていない、親日国エルサルバトル。
ワールドカップ予選にて隣国ホンジュラスとの試合で国民感情の対立から戦争になり、
政情不安によって多量のエルサルバトル人が米国に流れて来た経緯もある国ですが、
都心でなく贅沢しなければ4人家族で1ヶ月$400程で暮らせます。
米国マクドナルドで1週間程アルバイトすれば稼げる額となります。
米国からエルサルバトルへの送金手数料平均額は4.4%

$400の4.4%は$17.6

米国マクドナルドで2時間もバイトすれば稼ぎ出せる金額ですが、
1ヶ月$400程で生活している人達にとっての$17.6は非常に大きな額かと思います。


Rippleネットワークは、安くそして早く国際送金を可能とさせる事と、この大きな手数料問題。
saldoが今後普及する事によってRippleも普及する。
期待していきましょう。

Tag: Ripple
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。