スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bitcoin ATMの視察。


決算としてBTCを利用するのと、リアル通貨でBTCを購入する場を提供するのとではまた別の話なのですが、BTCデビットカードの登場によって、bitcoinATMの需要は無くなるのではないのか?と思ってたのですが、
Coindesk調べによると、
http://www.coindesk.com/bitcoin-atm-industry-a-look-at-the-numbers/
BTC ATMは現在 世界中で約470台となっており、普及への勢いに減速感は感じません。
BTCATM1.png

BTCATM2.png

約470台中、
約250台が北米
約140台がヨーロッパ
約45台がアジア(うち日本11台)
となっています。

順調に設置数が増えてますが、

・米国での設置数が全体の半分以上(56%)
・予想外にEC圏での普及台数は低い(5台以下)
・最も取引量が盛んな中国の設置数が少ない(10台以下)
・意外と日本は多い方(11台)

と色々と読み取れます。

疑問に感じるのは、
・個人レベルでのインターネット環境が無い
・金融機関が無い(利用できない)
・政情不安
と言った要素を持つ国家こそATMの需要があるはずですが、ほぼ皆無。ここは謎ですが、ビジネス先行なので致し方ないってとこでしょうか。

bitcoinATMが設置されてる場所の特徴として、先鋭的でテクノロジーに敏感な個人レベルのレストランや商店と言うイメージがあります。
私が住んでるエリア(車移動30分圏内)にも4,5台ATMが設置されてる場所があるのですが、全て個人レベルのレストラン等に設置されています。


ですが、
最近大型ショッピングモールに設置された事を知り、早速視察に行ってきました。

大型と言えど、どれほどに大型が伝わりにくいので同じ縮図でお馴染み東京ドームと比較です。


tokyo.png
こちらお馴染み東京ドーム

westf.png
こちらが大型ショッピングモール。
いや、デカイですね。自分でもびっくりです。

設置場所はと言うと、
zoom1.png
堂々たるATMの隣です。ちょっとひいて見ましょう。
zoom2.png
zoom3.png
ど真ん中のど真ん中。
堂々と設置されてて、発見時は人混みの中でちょっとニヤけてしまいました。

ついでに記念撮影もしておきました。
BTCATM.jpg




後、少し気になったので、人種別居住エリアマップと照らしてみた所、
dot map

半径10マイル(16km)の円で囲ってみましたが、

 白人
オレンジ スパニッシュ
 アジア人

ターゲットがはっきりとしてますね。興味深い視察となりました。
スポンサーサイト

Bitgold

Bitgoldについて書く前に。



今より約20年前である1996年

ゴールドで裏付けしたデジタルマネーの発行事業を開始したE-Gold
同じプラットフォーム間であるなら、世界中どこでもメールアドレスのみで送金が行える。
創業から10年目の2006年にはアカウント数300万を超え、
「決算手段としての通貨をインターネット上に創出」
に成功。


今からおおよそ10年前である2006年と言えばyoutubeが誕生、大ブレイクした時期でもあり、
時代背景を考えると、E-goldは大成功していたと言えるでしょう。




しかし、実態としては
マネロン、詐欺、売春、ドラッグ、児童ポルノ等、あらゆる犯罪での送金手段として利用されている事を黙認し年間20億ドル(2400億円)の取引量にまで成長。

結果として
米国司法省により2007年に営業停止。2008年終焉を迎える。
e-Bullion,OS-Gold, Standard Reserve and INTGold等、ゴールドで裏付けしたデジタルマネー業者は軒並み世から消えていく事になる。




さて、Bitgoldに話を戻します。

目標
Bitgoldプラットフォームによって世界中の人々がゴールドへのアクセスの敷居を下げゴールドへの機会を提供する

可能な事
・金地金の即売買がデジタル上で可能
・10gからゴールドキューブと呼ばれる金地金の自宅発送が可能
・モバイルAppの導入により、携帯電話から簡単にゴールドの売買、及びゴールド送金が可能
・ゴールドをBitgoldデビットカードへと移すことにより、Mastercardネットワークを利用した支払いが可能、且つ各国ローカルATMから各国通貨の引き出しに順次対応中
・独自にBitgoldATMを開発しており、100を超える様々な通貨で金地金の購入が各ローカル通貨で可能
・ACHへの組み込みにより、米国市民は銀行からほぼ手数料0で入出金が可能
Chase, Bank of America, Wells Fargo, Citi, US Bank等、大手銀行から利用可能
・Bitcoinでの購入は可能だが、引き出しは対応予定

手数料
・基本無料
・売買手数料は1%
・金地金の受け取りには送料$25が別途必要



Bitgoldは、インターネット経由で簡単にデジタル化されたゴールドを購入する事ができ、
最低10gより金地金への交換も可能となり、金地金へのアクセスの敷居を下げる事でしょう。




しかし、ゴールドを購入したいだけなら、銀行、事業主によって様々な形でゴールドの販売が行われているので、こちらがベスト。
Bitgoldをわざわざ英語で利用する必要性は一切ないと思います。


さらに、blockchain技術を利用しているとの事ですが、独自にAurumと呼ばれるプラットフォームを開発しており、BitcoinのBlockchainとは関係は無く、centralizedで運用。
Bitgold(Bitcoin + Gold)とBitcoinを匂わせながらも、Bitcoinによる入出金を受け付けているだけと言うのが現状(現状は出金不可。入金のみ)






ただし、
Bitgoldプラットフォームによって世界中の人々がゴールドへのアクセスの敷居を下げ機会を提供する

と謳っている通り、
金地金をデビットカードへと移す事で、決算として金地金を利用する事が可能であり、他行ATMや独自ATMを利用する事で、金地金との敷居を下げる試みも感じます。

金地金をベースとして資産をデジテル上で保有し、且つデビットカードを利用する事で、世界中どこでも簡単に金地金を決算として利用でき、また各国が発行するローカル通貨へと換金できる。
と言った視点から見ると非常に便利ではあると思います。

ビットコインでも同じ事が可能ですが、利用者がビットコインを信じるか、金地金を信じるかの違いであり、この辺りは、デジタルとアナログどちらが好きか。歴史の重み。って話なので、個人差がある。


結論として、国際的には需要は見込めるとは思うが、利用者は限られる。
今後、様々な規制との調整等をくぐり抜け、普及すれば金地金によって裏付けされたデジタル資産となるが、
不可だった場合はE-gold等と同じ運命をたどる事になるのかと思う。


なので、現状グレーな立ち位置であるBitgoldを、ただ金地金へ触れてみたいだけで利用する価値は無いでしょう。


ただし、今ならメンバーとなるだけで0.25gのゴールドがもらえます。
日本円換算でおおよそ1000円分。

貰えるものは貰っておけ

ってとこでしょうか。
Bitcoinによる出金が可能となったらさっさと出金してしまうのがベスト。

BitGold.com
bitgold.png

モナコインマガジン創刊

日本発のmonacoin
なんだかんだとmarket capがおおよそ3億円と、
Litecoin,Ripple,Stellar,Dogecoin等、特に意識せずとも関連ニュースで見かけるcryptocurrencyに混ざって常に20位前後を維持し健闘してますね。


monacoinコミュニティーの中で、簡単にmonacoin(MONA)をチップとして送る事ができる通称「投げ銭」機能をもった掲示板Ask Monaは様々なトピックが立ち、非常に活気があります。

そのAsk Monaのトピックの一つが大いに盛り上がり電子書籍化され、創刊号、第二号と発刊されている「もな歌」ですが、次はデジタルの世界から飛び出し、アナログである製本雑誌として発行される模様です。



offscreenと言うオーストラリア発の雑誌があるのですが、
あらゆる物がデジタル化していくこの時代において、紙媒体である「雑誌」で勝負をしており、紙質から梱包までと隅々までこだわって作られており「雑誌」の魅力を最大限にまで引き出し、人気がありますが、扱う内容がデジタル業界の裏側と、これまた不思議な組み合わせとなっており、魅力に拍車をかけています。



全く話がそれてしまいましたが、
Cryptocurrencyはアナログとは程遠い存在ですが、
Cryptocurrencyに特化した雑誌があっても面白いかなと思う次第です。

欧米各国で先行するビジネスモデルを輸入し、日本文化に馴染む形へと置き換える
そこにも多々試行錯誤があり、簡単な事ではないとは思いますが、
その逆の形である、日本発のmonacoinに日本文化を乗せて、新しい何かを世に創り出す
こういった形の普及のさせ方も素敵だなと思った次第。


雑誌のコンセプトとして、

「仮想通貨は投機だけじゃない!楽しく遊ぼう!」。
モナコインをはじめとした仮想通貨コミュニティを広げる一助になればいいなと思っています。
「自作の短歌を書いていく」トピック投稿作品(短歌、イラスト、ショートショート)をはじめとして、モナコインコミュニティやモナコインの遊び方、他の仮想通貨関連記事も掲載します。


となっており、モナコインだけではなく、Cryptocurrency全般の情報も掲載されるそうです。

モナコインやその他仮想通貨で活動する個人(ブログ等)や団体、関連サービスの広告を募集したく思います。製本版創刊号により広告費は無料

だそうです。


日本国内において仮想通貨に多様性を持たせる事が競存から共存となり、新たに触れる利用者にとっては、入り口が広がる事となり、結果的に仮想通貨の普及に繋がるのではと思います。

申し込み締め切りが9月10日までと間もなくですが、
Cryptocurrencyで活動する、個人、団体、関連サービスを行ってる方、
もし余力があるなら少しモナコインを応援されてみるのはどうでしょうか?


詳しくは↓
http://monauta.web.fc2.com/ad.htm
こちらからどうぞ。


私もちょっと応募してみようかと思います。

StripeとStellar

Stripeとは
Paypalを猛追するオンラインペイメント会社。
数行コードを埋め込むだけでサイト内に決算機能を追加する事ができ、Paypalのように別窓等を開かずとも同一ページ内にて処理を行う事を可能とさせる


2010年Stripe設立
2011年9月にStripeを公式リリース
リリースから僅か4年だが破竹の勢いで成長中。

CEOである兄Patrick Collison
弟でPresidentを務めるJohn Collinsonによって創設
その後直ぐ、Greg Brockmanが加わり、2013年CTOへ。
4人から始まった従業員は4年で250人へと急成長
兄PatrickとGregは現在27歳(創業時22歳)
弟Johnは現在25歳(創業時20歳)と非常に若い

「インターネットにおけるGDPを増やす」
を目標として掲げており

続々と大企業へ決算インフラを提供。
kickstarter(クラウドファンディング)uberのライバルlyft(相乗りサービス)へ決算インフラの提供。
誰もが知ってるFacebook,Twitter,Appleにも提供

今年に入り、
ビットコイン決算のサポート開始
stripeBTC.png


アメックスとも提携
AMXstripe.png


Visaとも提携
http://www.nytimes.com/2015/07/28/technology/stripe-digital-payments-start-up-raises-new-funding-and-partners-with-visa.html?_r=0
Visaが持つ世界200以上の国と地域で利用できるネットワークとStripeの持つ暗号システム、決算スピード等を重ね、グローバル展開を加速させる。


中国におけるオンライン決算の半分以上を占めているAlipayとも提携
stripealipay.png



StripeはStellarがNPOとして独立運営できるよう、$3million(3億6千万円)を提供していおり、その代わり初期発行STRの内2%となる20億STRを受け取っている(Stripe Line 1STR=0.0015USD)が、
このSTRは5年間(残り4年間)は市場に対して売却を行わない条件付きとなっています。
StripeCEO Patrick CollisonはStellarのボードメンバー

これはCTOであるGreg Brockman主導によって行われたが、



cryptocurrencyに最も興味を示していたGreg BrockmanはStripeにおける多大な功績がありながら「人生にはリハーサルは無い」と、新たな挑戦の為にStripeを去り、





Stellarのボードメンバーとなる。

StellarとStripeがこれからどのように舵を切り、重なっていくのか非常に楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。