スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に米国発のBTCデビットカード発表!

以前より注目度の高かったShift Paymentと、米国において圧倒的シェアを誇るCoinbaseの共演!
ビットコインがリアル店舗で使えるデビットカードの登場です。
https://www.shiftpayments.com/

Shift+coinbase.png


何ができるのか?
3800万の店舗、世界中どこでもVIsaネットワーク内であればどこでもビットコイン払いが可能。
現在Dwolla(ドル)とCoinbase(BTC)から支払い元の選択ができる(今後追加予定)


手数料は?
カード発行 / 再発行 $10
手数料 $0
BTC/USD手数料 $0
現金引き出し(米国内ATM) $2.50
現金引き出し(米国外ATM) $3.50
国際送金手数料 3%

カード、小切手社会である米国において現金を利用する場面は非常に限られているので、
ATM利用時のFeeは大した問題ではなく、米国内で利用する分には基本無料と言う構えで問題ない。



普段の生活で支払いの際には何を買うにも、クレジットorデビットカードが主流であり、
コンビニでコーヒー1杯のみでもカード払いは一般的です。

米国内で現金を持ち歩く必要性は非常に限られたケースのみであり、
盗難等を考慮した場合にも、カードの不正使用時は全額返済されますが、
現金の場合は手元に帰ってくる事はないでしょう。


数年前に$100が新刷されたとは言え、100ドル札の受け渡しは非常に慎重に行われており、
今でも、受け取り拒否、偽札ではないかの確認(ほぼ100%)、怪訝な対応、、等
日本で1万円札を利用するのとは全く対応が異なります。

渡米前に銀行で円をドルに両替(100ドル札いっぱい)
いざ、米国で利用しようとしたら対応がおかしかった、、、
と言った、経験をされた方もいるかと思います。


Dwollaってなんだ?
主にモバイル機を用いた送金及び支払い。
VenmoとPaypal/Stripeの良いとこ取り(中途半端)
P2PとP2C共に可能。
Dwoll 2


銀行口座を紐付ける事により、少額($10未満)の金銭の移動がDwollaアカウント間で無料で可能となる。

顧客Aアカウント(銀行)⇔DwollaユーザーA⇔DwollaユーザーB⇔顧客Bアカウント(銀行)
と、ユーザー間で流通していたDwollaドルが、

顧客アカウント(銀行)⇔Dwollaユーザー⇒店舗決算
の流れが可能となり、ユーザー間で回していたDwollaドルがリアル店舗で決算通貨として利用できる。



米国人はクレジットカードを複数枚所持しています。
所持枚数が少ないとクレジットスコアに影響すると言うのもあります。
平均3〜4枚所持しているカードを一つにまとめれたら、、
と言うコンセプトの元に開発されたCoinと言うカードもありますが
https://onlycoin.com/



Shift Cardは違います。

Shift Cardは

利用したいDigital Currencyが選べれる、非常に先鋭的な未来なカードです。






私事の都合により、2ヶ月程更新ができませんでした。
にも関わらず、こまめに足を運んでくれてた方ありがとうございます。

更新頻度が多少落ちるかもしれませんが、今後も一読頂ければと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。