スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shift’s hybrid card β Test 3

Shift Cardの衝撃がデカすぎてShift Cardネタが続きます。

RIppleに詳しい人には不必要な説明かもしれませんが、
Rippleが持つ中間的通貨(XRP)とTrade機能そしてShift Cardが連動する事で、脳内がsuper活性化されます。
今後、誰も想像できなかったような素晴らしいアイデアがIOUに組み込まれ事業化されていく事でしょう(Stellarで育つ可能性もありますが)


今後どのようになっていくのかワクワクが止まらないのですが、


今現在でもできる事例として、
Ripple内IOUの中でも異色を放つ日本初で発のモナコインもShiftCardを通せば支払い通貨として機能します。
Ripple MON-XRP
RIpple Trade機能を利用して、MONをXRPに両替し、支払いに使う。
MON→XRP→USD

最近は運営が胡散臭くて利用者激減中のXNFも
Ripple XNF-XRP
と、Trade機能を使い、XNFをXRPに両替し、支払いに使う。



いやぁ、、ホントXRPは決算通貨として利用できる事になって本当に素晴らしい進化をしたと思います。

ゲートウェイの安全性、信頼構築そして信用を得る事がそのままIOUの信頼に繋がり、Ripple内へのIOU供給、取引量が増える。
商売上にて信頼のあるIOUが決算の通貨として利用される。(現在のShiftCardではUSD,BTC,XAU)
そして様々な仮想通貨もコミュニティーの力でIOU需要を高める事により、ゲートウェイの運営の強化が行われる。
鶏が先か、卵が先か。
すごく楽しみです。


個人的にはビットコインと比べてゆる〜い感じであるモナコイン及びコミュニティーにも是非Rippleに参戦し、普及してもらいたいと思ってます。
ビジネス路線ガッチガチな仮想通貨ばかりだと、窮屈すぎて息苦しくなってしまいますしね。
ゆる〜い感じでGet Free 5Monacoin→無料で5MONを現在配布中




Shift CardはRipple(XRP)決算のインパクトがでかすぎて影に隠れてますが、ビットコイン(BTC)での支払いも可能です。

coinbase BTC

ビットコインを利用した支払いは米国拠点のCoinbaseを利用してBTC払いが現在は可能となっていますが
(CoinbaseもBTC売買には個人情報登録&承認が必要ですが、Webウォレットとして利用するだけなら個人情報は必要ありません)
Coinbaseは米国外への進出に精力的に活動を行っており、
ユーロ圏6カ国語にも対応しました→Coinbase Blog

ちなみにcoinbase Webの日本語翻訳を手伝う事も可能です→ここから

ビットコインがリアルで決算通貨として利用できると言うのは半年前では考えられなかったのですが、現在Shiftcardはβテスト中ですが、今後は様々なオンラインウォレット(Blockchain等)にも対応され、受け手側(事業主側)がインフラ整備を行わずともビットコインの支払いが可能となってくるかと思います。


仮想通貨のみでリアルで商売を行う未来図を思い描くのは非常に楽しく、妄想が止まらないのですが、
でもまずその前に、仮想通貨と法定通貨を繋ぐ。
仮想通貨が現実の世界で当たり前のように利用される日が近づいてきてると思います。
ShiftCardにはこれからも期待です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。