スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIT Technology Review’s

”インターネット企業がより影響力を持つには、決算技術の改善は不可欠である”

 Stripe CEO Patrick Collison



American Express, Chase, Macy’s等の主要パートナーからの支援を誇りながら
Appleが新たな決算サービス(Apple Pay)を開始したのが今から3ヶ月前、2014年10月末。
だが、AppleはApple Pay公開へ向けて、創業からわずか4年足らずの企業と共に数ヶ月かけて開発を行った。
その企業の名をStripeと言う。


Stripeは企業がwebやApp等で簡単にクレジットカード決済ができるように2010年よりサービスを開始した。そしてそれは既存の支払い方法よりも扱いやすかった為に瞬く間に広まり、AppleがApple payをデザインする際にstripeを選択したことは自然な流れでした。

同社は、Paypal共同設立者ピーター·シール、イーロン·マスク、そしてマックス·レヴチン含むベンチャー資金提供者から1.9億ドル(220億円)を受け取った。


Tom SimoniteによるStripe CEO Patrick Collisonへのインタビュー


支払い処理は単純であるように見える。何が重要なのですか?
昨今における最もエキサイティングなテクノロジー企業はAirbnb(宿泊仲介業)やlyft(相乗仲介業)のようなモバイル市場である。ソフトウェアはあらゆる産業や市場を満たしている。
テクノロジー企業がもっとオフラインなマーケットに拡張していく場合、ビジネスモデルが支払いに重点を置くのは自然な事であって、Stripeはこれら企業の次の波の為にインフラを提供している。


世界中の商取引の内、電子商取引はわずか2%です。とても規模が小さいのはなぜですか?
インフラ不足です。もしあなたが南米や中国のWebサイトを閲覧した場合、ほぼ全てにおいて購入はできないだろう。ほとんど全てのwebはクレジットカードだけを受け入れており、必然的に北米や欧州の購入者に対して制限している事になる。


米国における電子商取引も全体のわずか6%しかありません。これはビジネス、又は技術的な問題ですか?
間違いなく技術上の問題です。
携帯電話でFacebookやtwitterから商品を見つけ、購入すると想像してみましょう。
リンクをクリックして、Webから商品を探し、「買い物カゴ」に入れ、住所やカードナンバーを入力し、精算ボタンをクリック。やっと購入まで辿り着いたのに購入処理に失敗。。店頭ならばただお金を渡すだけで済むのだが、デジタルではこれらを行うのは非常に手間がかかる。


Stripeはいくつかの先鋭的なアイデアに投資を行っています。ビットコインによる決算のサポートや、ビットコインの代替であるStellarに300万ドル投資してますが。
金融におけるロールシャッハ・テストのようなもので、ビットコインについて皆、金銭的な意味で様々な未来を映し予測している。私達はデジタルによる取引や処理をより広く行われる事に注力しています。ビットコインが一般的になると言う事は価値を転送させる要素があると言う事である。
ただ、ビットコインにはいくつかのユーザー・エクスペリエンスの問題点があります。
取引処理が完了するのに時間がかかる事と、Bitcoinを入手することの難しさ。
Stellarは従来の通貨をデジタルの世界に移す事ができます。取引処理は瞬時に行われます。
インターネットの為のユビキタスであり、使いやすい商取引インフラを構築する事を助ける様に見えるので、私達はステラを支援する事にしました。



ー翻訳元ー
http://www.technologyreview.com/news/533996/increasing-the-gdp-of-the-internet/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。