スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stellar+Vumi

Stellar財団は南アフリカNPO団体Praekelt財団のオープンソースのメッセージプラットフォームVumiにStellarを組み込む事を発表しました。

https://gigaom.com/2015/02/05/stellar-south-african-nonprofit-to-bring-digital-savings-to-young-girls/
リンク先から抜粋


Praekelt財団がVumi(WhatsAppの様なメッセージApp)の開発を始めた動機は慈善の気持ちからでしたが、今現在このVumiは主に南アフリカなどでMomconnect(ユニセフ及びビル&メリンダ・ゲイツ財団からのサポート)と言われる、妊婦と医師との重要な情報(予約確認や出産における情報)の送受信を行ったり、選挙での投票等で活用されています。

このVumiにStellarを導入する事により支払い手段として機能する事となり、これはとても魅力的な展開となります。
例えば、政府は産婦人科に通う妊婦にバス代として補助金を直接送金をする事もできます。
Stellar及びVumiはオープンソースである為、様々な団体により発展途上国に適したFinancial inclusion(貧困層への金融サービスの提供)の為のプロダクトを構築する事が可能となるだろう。


そして、今後数週間以内にPraekelt財団は若い女性向けにメッセージAppを公開の予定としていますが、絵文字や会話のやりとりを行う為ではなく、南アフリカにおける若い女性達がデジタルバンクを開始する為の機会を提供したいと考えています。
財団は若い女性達が通話時間の購入、譲渡等に詳しい事を把握しており、これは貯蓄と言う概念にそれらを導入する最善の方法であると感じており、Stellarをインフラとして利用する事で、将来あらゆる国や通貨、銀行の垣根を超えて拡張していく事ができます。


他にも、マイクロソフト等もアフリカにおける新しい銀行のあり方やEコマースについての可能性に注目していますが、
南アフリカや発展途上国における若い女性達は銀行口座やクレジットカード所有率が低く、代わりにリロード式プリペイド携帯電話を所持している。
Praekelt財団による公開予定のAppは若い女性達が通話時間を交換でき、最も重要な事は通話時間が保存できる事である。


もう少し情報が欲しい所ですが、
まとめると、
Praekelt財団による新しいAppは携帯電話の通話時間をStellar内にクレジット(IOU)
利用者はApp内で通話時間の取引、保存が可能
さらに溜まった通話時間を法定通貨へ両替、現金化できる
若い内からこのような事に触れる事は、金融リテラジーの向上に繋がり、それは将来にとても有益に働く事となる。

と言った感じでしょうか。


私も、昨今のメッセージApp等のお陰で、毎月大量の通話時間を消化しきらずに損をしてるので、このアイデアは素晴らしいですね。トリクルアップに期待大。

gates Tw



貧困層の問題にデジタル通貨による新たなイノベーションの波

と題してビル・ゲイツ氏のツイートがありますが、リンク先にてStellarについて言及しています。
http://qz.com/339447/platforms-not-products-are-the-way-to-bring-financial-services-to-the-poor/#b02g12t20w15


当たり前と言えば当たり前ですが、Stellarも把握しるみたいですね。
2015年も存分に盛り上がりそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。