スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stellar+Vumi②


Stellarが南アフリカにてどのように活用されるのか?
http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
を紹介しましたが、

Stellar+Vumiについての別記事があったので紹介

MIT Technology Reviewより
http://www.technologyreview.com/news/

ーー抜粋翻訳ーー

ビットコイン支持者の多くはデジタル通貨が貧しい人々が金融サービスへのアクセスを助けると主張してきた。
しかし、これらの技術の大半はインターネットへの接続、さらにスマートフォンを持つ事が必須である。

今、南アフリカにおけるNPO団体によりこのアイデアを実現させる初めてのテスト運用の準備が進んでいる。

今後数ヶ月以内に、南アフリカの貧困地区における十代の少女達に、既に利用されているSNSサービスに、新たにテキストメッセージを介してデジタル預金口座の運用テストが提供されます。この機能は利用者に通話時間のクレジットの取得と蓄積を可能とさせ、いくつかの国では政府補助金の通貨として追加され用いられる。

この新しい試みは、あらゆるセービングバランスとトランスファーはデジタル通貨によって行われ、通貨単位はStellarによって表現。ビットコインの様に偽造不可なデジタルトークンを作成するが、ビットコインとは違い、既存の通貨と資産の仲介として設計されており、取引処理の高速化を可能とさせ、決算通貨として作用するわけではない。



Praekelt財団により提供開発されているフリーソフトウェアVumiは、ユニセフやゲイツ財団などから支持を受けつつ、主にアフリカにて健康及び教育の為に無料で利用できる携帯電話を用いたテキストメッセージサービスです。

この新しい貯蓄機能はVumiに搭載され、SNSの機能の一つとして貧困の中で生きるティーンエイジャーの少女達に提供されます。
Preakelt財団Gustav氏曰く「彼女達にとって初めて持つ預金口座の機会となり、お金に関する意思決定につながる事に期待している」と述べており、また、
「これらの試験運用は南アフリカに留まらず、数ヶ月以内にインドネシアでも運用計画がすでにあります」とも述べています。


この機能はティーンエイジャーにメッセージを送ったり読んだり、または他の社会活動等を行う事によって、少量の通話時間クレジットを代わりに受け取れる。

このソフトウェアは企業や組織が安全且つ、素早く送金する為にStellarによって行われ、ゆくゆくは洗練された金融サービスのフレームワークになる可能性がある。健康や教育に関するリワードを政府や支援機関は人々への支払いの為にStellarを活用できるだろう。

今現在、Praekelt財団はStellarを公に利用している唯一の組織であり、企業や非営利団体が今後追従する事に期待しています。



Stellar+Vumi①も合わせて読むとより理解が深まるかと思います。
http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。