スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のRIpple 個人認証とCBAのRIpple導入

Ripple ID 1

2015年4月にアナウンスを行いましたが、リップルラボは本人確認照明手続きを実施する事を発表します。
本人確認は6月下旬より開始し、現時点で利用しているユーザーは8月30日までに行って下さい。
詳細については6月中に改めてメールにて連絡を致します。


Ripple LabはRipple Tradeを提供しており、
利用者に対して追加のリクエストを行うべきであり、Ripple Tradeアカウント保有者の個人認証を必要とします。

あなたが引き続きRippleネットワークに対し、Ripple Tradeを利用する場合
銀行口座開設と同等の個人確認情報が必要となります。
具体的には姓名、住所、身分証明番号、誕生日、運転免許証やパスポート等のコピーとなります。
これらの個人情報に関してはコンプライアンスに使用します。

Ripple Tradeを今後は利用しない場合
8月30日までに必ず資金を引き出して下さい。
そしてまた、Ripple Trade以外からリップルネットワークにアクセス出来るようにする為に、
シークレットキーを記録保存して下さい。






http://bitcoinagile.com/2BEB66/commonwealth-bank-of-australia-to-integrate-ripple-for-instant-settlements-cryptocurrency-website_stream

コモンウェルス銀行は、子会社との間でRIppleを導入 Wiki→コモンウェルズ銀行

「子会社との間での支払いに対してRippleをまもなく導入」
とコモンウェルス銀行CIO David Whiteing氏と述べました。

Rippleはピア・ツー・ピア、分散型決算ネットワークであり、
既存通貨及び仮想通貨の両方をサポートし、
Ripple Transaction Protocolはインターネット・プロトコル上に構築されています。


”私達はRippleを用いて実験を行った結果、当社の子会社との間で支払いを行う手段としてRIppleを導入します”
”分散化した公開鍵と秘密鍵のコンセプトは支払い、送金における「未来の方法」である”
"今日における支払プロトコルは40年と言う時を経ており、非常に古い技術であり、危険に対して脆弱である"
"CBAの顧客 1100万人の内、350万人がモバイル・アプリかWebを利用し、全ての取引の46%となります。これは今後も成長を続け、最終的にはこれは大部分を占めるだろうと予測してます。"
スポンサーサイト
Tag: Ripple

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/25 (Tue) 11:52 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。