スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国は途上国から何を学ぶのか?

http://techcrunch.com/2015/05/23/what-the-u-s-can-learn-about-financial-inclusion-from-the-developing-world/
TECHCRUNCH意訳

米国はファイナンシャルインクルージョンについて途上国から何を学ぶ事ができますか?

ファイナンシャルインクルージョン 提供余地のある場所へ金融サービスへのアクセスを拡張する。
その多くは途上国での優先課題として提唱されています。
それは経済的保障を強化し、そこに住む人々の経済発展を促進させる事ができます。


しかしファイナンシャルインクルージョンは単に途上国だけの問題ではありません。
最近発表された世界銀行のレポートによると途上国の46%が「unbanked」であるか、
金融機関またはモバイルマネーのアカウントを所有していないと記されています。

これと比較しFDIC(連邦預金保険公社)の推定によると、米国においては7.7%は被保険預金機関を持っていないとされています。しかしこれを少し紐解いてみると、実態がより明確に見えてきます。
実に、黒人世代の約20%、ヒスパニック世代の約18%が「unbanked」なのです。
年間所得$15,000以下の世帯の27%は「unbanked」であり、
金融排除は、代替となる業者によって高い手数料や利息を世帯に課しています。

ガーナ、インド、米国に至るまで、あらゆる銀行は貧困層に対して収益を見込めるサービスを探しており
これは既存のシステムやサービス内容を改めて再考し、ファイナンシャルインクルージョンを劇的に拡大する為にモバイル機器を利用する方向で全面的に見られてます。
ゲイツ財団によるリサーチではデジタルによる決算システムは最大で90%のコストダウンを金融サービス事業主が見込めると述べています。
米国において従来では$4.25の費用がかかる取引がデジタルに移行すると$0.20で済むと言う試算もあります。

途上国は米国から学ぶことがあります。
国民の信頼構築、モバイル機器による金融サービス使用時のリスクの削減。
強制力のある法的枠組みは消費者の責任軽減、資産の保護、金銭トラブルの解決手順となり
この新たなデジタル金融サービスが消費者に対して安全にアクセスできる事を助けるでしょう。


インドやガーナ等で検討されている新たな銀行モデルを詳しく観察する事により米国でも役立つ可能性があります。
「Payments banks」と呼ばれる新たな銀行モデルは顧客のファンドを預かり、基本的なトランザクションのみを提供します。これらはクレジットを発行しないので、新たな企業はコンプライアンス義務と参入の為の障壁を減らすことができ新たなプレイヤーやビジネスを世に送り出す事ができる。

他の国々が新たな決算システムを構築しようと努力している事を米国は考察すべきである。
消費者達が支払いやリアルタイムでの家族への送金を行う事が、彼らをデジタルを利用したエコシステムに取り込む為の最初のステップであり、他の金融ニーズを満たす事となる。
小切手で給料を受け取ったのち、小切手にて各種支払を行うアンダーサービス層にとっては「スピード」が最も大事ですが、現状のシステムではこの工程の処理に数日かかるのは彼らにとっては遅すぎます
Tip:小切手の現金化には2,3日。上記の例だと現金化2,3日 支払い完了までに2,3日と合計5,6営業日となり約1週間は必要

他の国々がfinancial inclusion計画を取り入れてるのに対し、米国は不足している。
これらの計画はファイナンシャルインクルージョンを向上させる機会を全国的な優先事項と同等であり、政府機関、規制当局、民間企業との間で構築し提供している。
FINDEXデーターによると、ファイナンシャルインクルージョン計画を受け入れる国とそうでない国では2倍以上の早さで金融排除層を減らす事ができる。

各国それぞれで大きな違いはありますが、今現在金融サービスを受けれない人達も金融へのアクセスをデジタル技術によって拡張する事ができる。
様々なタイプに分けられる世界問題としてお互いがそれぞれに解決方法を学び合える事ができるなら私達はこの課題に挑戦する事ができるでしょう。



ビル・ゲイツの描く未来http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-145.html
米国人種別統計http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-138.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。