スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Bank of Facebook

http://techcrunch.com/2015/05/26/the-bank-of-facebook/
Techcrunchより


テクノロジーは今、地球上の全ての人間が必ず触れるであろう「お金」に変化を与えようとしている。
ビットコインはデジタル通貨が世界で必要とされる事を証明しました。



FaceBookは今年、世界で最もパワフルな金融機関の一つになるために無料P2P送金サービスを発表しました。


昨年度の外国人労働者による母国への送金額は5830億ドルとなっています。
これは発展途上国にとって大きなの資金流入の一つであり、国によってはGDPの30%に値する国もあります。

しかし、送金手数料は高額であり、Western UnionとMoneyGramの2社によってマーケットは独占されており、平均送金手数料はおおよそ8%となってますが、国によっては最大で29%の手数料を徴収する場合もあります。
最近の世界銀行のレポートでは、「母国の家族を支える為に送金を行っている外国人労働者から$200を送金するのに$50の手数料を徴収するのは間違っている」
と述べています。

Tip : 国際送金手数料(http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-91.html)

Facbookは送金に対して手数料は課しません。
彼らはバックエンドで銀行からの手数料が発生していますが、これらを利用者に課すつもりはないと発表しています。

現時点でのFacebook送金はUS内のユーザーのみに限定されていますが、近い将来に国際送金も展開予定とされています。
国際送金に関しては送金、両替に対する手数料は課しますが、あらたにFacebookが手数料を課す事はありません。

Facebookはグローバル金融機関へ向けて既に動き始めています。昨夏からアイルランド中央銀行からのユーロ圏での電子マネー機関となるための承認を待っており、これによりユーロ圏利用者はソーシャル上に出店するユーザーに送金や支払いが可能となります。

長期的には、Facebookはウェスタン・ユニオンやマネーグラムをも凌ぐパワーを持ち、途上国に何十億ドルと言う大規模な金銭流入と利益をもたらすでしょう。
Facebookは大きな利益をもたらす携帯電話を使った国際送金や送金手数料といった部分をコントロールできるポジションにいます。

銀行や金融機関を持たない人々は25億人いるとされており、そこにある経済は現金ベースだが、誰も現金からデジタルへと移行する事を望んでおらず、
また、事業主も電子商取引を受け入れる為のインセンティブがありません。
卵が先か、鶏が先かと言う問題に悩まされています。

しかし、世界は常に変化しています。
2020年までのこれから5年間で地球上のほぼ全ての人がインターネットにアクセスする事が可能となります。
2019年には世界で59億の人々がスマートフォン利用者となり、
もし、この全ての家族が地球上でスマートフォンと高速インターネットにアクセスした場合、
これはパラダイム・シフトを意味します。
我々が今利用している銀行、カード、現金等は次第に利用されず薄れていくでしょう。
既にこれは起き始めており、本年度、中国における旧正月の行事である「紅包」(お年玉)を電子マネーとして送信された数は10億件以上となっています。


我々は今、大きな経済成長期にいます。2009年時点で中産階級は19億人であり、次の15年でその数は49億人となります。

この数十億の人々が貧困を抜け出し消費者となった時、この新たな経済はどのように動くのだろうか?この新たな消費者は3500年の歴史ある紙幣や硬貨を利用するのだろうか?それともモバイル機器やインターネットがこれらを塗り替えるのだろうか?

Techcrunchより



Tip :
Facebookは2013年8月「全世界にインターネット環境を」を目標に主に通信事業者((Samsung, Ericsson, MediaTek,Opera Software, Nokia and Qualcomm)と共にNPO団体「internet.org」を設立。
2015年現在、アフリカ及び、東南アジアの国々10カ国以上で提供しています。
慈善による無料インターネットの提供ではあるが、
主な収入源となるであろう広告事業モバイル決算
この為の布石と見るべきでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。