スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカを知ろう②

アメリカ合衆国はヨーロッパからの移民で始まり、1776年7月4日に独立。
それからおよそ250年の歴史となります。

国家の成り立ちが移民で始まり、今現在もたくさんの移民を受け入れ、様々な問題を抱えながらも先進国の中で唯一、人口増加を続けており、2015年時点でおおよそ3億2000万人。2020年には3億3800万人。10年後の2025年には3億5000万人を突破すると見込まれています。

また、主にアフリカ大陸から難民と言う形で移民を受け入れているヨーロッパ各国と比べ、
米国は南米からの出稼ぎ労働者を受け入れると同時に、世界最大の経済力を背景に優秀な人材が移民として流入してくるのも特徴の一つであり、それに合わせて米国も優秀な人材を優先的に米国に移住させる仕組み(ビザ、優先権等)を備えています。
労働力としての移民と頭脳としての移民を同時に受け入れており、様々な問題も引き起こしていますが、今も強く成長し続けています。

immi.jpg


と言う事で、

米国の移民について


移民国家であるアメリカ合衆国
2010年度における国勢調査の結果によると、アメリカ合衆国の総人口はおおよそ3億人となりますが、
大雑把に4つのグループに分ける事ができます。

1,アメリカ市民 2億3000万人(76%)
アメリカ市民。アメリカに暮らすにあたっての全ての権利を持っており、移民ではない。

2,非移民 4,000万人(13,3%)
米国長期滞在者。様々な理由で米国に長期滞在をする場合にはビザが必要となり、
各ビザに設けられた滞在期間に従い滞在する人達。
永住目的ではない滞在者。

3,合法移民 2,000万人(6,7%)
永住権(グリーンカード)所有者。アメリカで暮らすにあたって、アメリカ市民では無いがアメリカ市民とほぼ同等の権利を持ち、同じように税金を収め、国のサービスも受ける事ができる。
アメリカ市民との最大の違いは、政治に参加する事が出来ない事。
(永住権取得後、アメリカ市民となる事も可能ですが、この際は完全にアメリカ市民(アメリカ国籍)となり、母国の国籍を破棄する事となります)

4,不法移民 1000万人(3,3%)
読んで字のごとく不法移民。


の4つのグループに分けれますが、「移民」として扱われるのは主に2の非移民を指す場合が多い。


しかし、
合法移民者も、不法移民者も、非移民と同じく、それぞれ母国に国籍を持ちながらアメリカで暮らす第一世代(ファースト・ジェネレーション)であり、アメリカ市民ではありません。

これら移民者をを合計すると
米国総人口の約24%=7000万人が米国内で暮らしています。


米国内で4人集めれば1人はアメリカ国籍ではなく、移民である



そして彼らはビジネスや家族支援等、様々な事情がありますが、母国と米国内にネットワークを持っています。

blockchainの最初の産物であるBitcoin、価値交換を目的とするRipple,Stellar等、
Cryptocurrencyがもたらす
・既存金融機関の革新
・unbankedとunderbanked層への金融サービスの提供

前回の米国銀行事情もそうですが、移民大国である米国社会において必要とする層の厚さが見えてくるのではないでしょうか?




余談になりますが、移民とは逆にどのような人がアメリカ市民と呼ばれるのか?と言うと

アメリカ合衆国市民から産まれた子供
アメリカ合衆国領土で産まれた子供
がアメリカ市民となります。

例えば、日本人夫婦が仕事の都合でアメリカに行くこととなり、滞在期間中に出産。この場合も産まれた子供はアメリカ市民としてカウントされ、アメリカ人と日本人の2重国籍となります。



親(ファースト・ジェネレーション)の母国の文化が受け継がれやすい第二世代(セカンド・ジェネレーション)は自然とバイリンガルとして育ちやすく、幅広く文化にも触れる環境で育ちますが、アメリカ市民なのです。


こちらも参考にどうぞ↓
移民大国アメリカhttp://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-138.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。