スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stellar大幅アップグレードの発表

https://www.stellar.org/blog/stellar-network-upgrade/
https://www.stellar.org/blog/multisig-and-simple-contracts-stellar/

上記2つのStellarブログをかいつまんで意訳


現在の予定として11月のアップグレードを予定しており、直前の1週間前には改めて通知

アップグレードは「launch.stellar.org」(Webウォレット)から行い、可能になった際には [ Upgrade ]ボタンが表示されます。このアップグレードにより、現在の通貨Stellars「STR」は新たにLumensとなります。

今までと同じようにStellar Web ウォレットから送受金及びトレード等は利用できますが、Stellar財団は今後Webウォレットの開発ではなく、コミュニティーの拡大、新たなサービスの創出等の助けとなるオープンソース開発ツールの改善に注力していきます。



おおよそ9ヶ月に渡って開発されている今回のアップグレードによって、
以前より安全性向上、拡張性向上、モジュール化されており、
ディベロッパーにとって新たな世界の金融サービスを構築する為のプラットフォームが整っています。


アップグレードには素晴らしい点がいくつもありますが、
新たにアップグレードされたネットワークでは、トランザクションはオペレーションのチェーンにバッチ処理され、
multisigは柔軟性を追加する。ある設定された特定のアカウントに対し安全性をもたらし、そのアカウントの運用権を持つユーザーを管理する事が可能となる。それぞれの署名者に権利レベルを振り分ける事もできる。
例えば トランザクションの認証を3人でも1人でも、、と言った具合にmultisigアカウントを管理する事ができるようになるだろう。

アップグレードされる新たなこのデザインは可能性を広げ、
例えば、BatchingとmultisigはSimple Contractsが行えます。


Simple Contractsの例


南アのヨハネスブルグ市は新たな病院を必要としているが、ヨハネスブルク市及びNGOがそれぞれが建設に対し$1M(100万ドル)の寄付を申し出ている。しかし、建設にかかる費用は$3M(300万ドル)との見積もり。
残りの$1M(100万ドル)をクラウドファンディングによって寄付を募りたく、
2016年3月を期日とし、合計$3Mに満たなかった場合は、全ての寄付者に対して全額返済を保証。

ヨハネスブルク市政府及び、NGOによってファンド収集の為にholdingAccountがStellar Network内に作成。このholdingAccountは市政府及び、NGOの2つの署名がトランザクションの証明に必要とするよう設計されています。

市政府はholdingAccountへ$1M(100万ドル)。NGOも同じく$1Mを送金し、以下のTransactionを作成します。


Transaction 1
オファーの運用 holding accountからトークン(1token=$1)を1ミリオン発行
Signers 市政府とNGO

Transaction 2
支払い コントラクターアカウントへ$3Mの送金
2016年3月1日より有効
Signers 市政府とNGO

Transaction 3
管理内容 Transaction 1 のキャンセル
支払い ヨハネスブルク市政府へ$1M 返金
支払い NGOへ$1M 返金
管理内容 発行したトークンを1Token = $1 で購入するオファーの作成
Signers 市政府とNGO

Transaction 2 と3は公開はするが、Stellar NetworkにはSubmitされない。誰でも後からネットワークにsubmit出来るが、2016年3月1日まで有効にはならない。またTransaction2はTransaction3以前に実行されなければならない。



もしヨハネスブルク市への病院建設へ寄付をする場合、
1)Holding Accountに対してTrustlineをひき
2)トークンの購入 
3a)3月1日までに$1Mのファンドが集まった場合はTransaction 2が実行。コントラクトアカウントへ送金される
3b)$1M集まらなかった場合、Transaction2は実行されず、Transaction3が実行される。
4)Transaction 3に従い、個々への返金が行われる

これらは柔軟性をもってデザインする事が今後も可能であり、
コントラクターへの支払い方法や、個々への払い戻し等、変更が可能となっています。



複数のステークホルダー間でシームレスにクラウドファンディングを行う際にbatchingとmultisigを利用した(手数料≒0)ほんの一例です。
他にも交付金、助成金、エスクロー、補助金、グループ口座、様々なチャージバック、ゲームetc,,,
今回のアップグレードは様々な形で拡張、応用する事が可能となります。





Stellar利用時の安全上の注意:
メール等からのリンクでオンラインウォレットにログインしないでください。
必ずlaunch.stellar.orgよりログインして下さい。
自分の資産を守る為にもフィッシングメール等にはご注意下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。