スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビットコインの捉え方

自分が思っている事を奇麗にまとめて記事として書かれてたので紹介。

日本は巨額の富を失ったかもしれない

ビットコインとは、、
日本が出した答えは「モノ」
米国が出した答えは「資産」

確かに、両国とも通貨ではない。と言った意味では共通してますが、





 米当局が事実上ビットコインを公認したことで、各国のビットコインは米国市場を中心に回り始める可能性が高くなってきた。ビットコイ ンの公認取引所は米国に集中することになり、米国はここから多くの収益を得ることができるだろう。
 日本市場を中心に発達したてきたビットコインだが、日本の取引所での事故をきかっけに、米国へとその活動拠点が移ることになる。もしかすると日本は巨額の富を失ったかもしれない。



私も同感です。
国柄や文化が出した答えに色濃く繁栄されてるなと感じました。

なんだか得体の知れない物をどう扱うか決めきれないし、もうしばらく様子を見ておきたいので「モノ」である。
石橋を叩いて渡る。と言った考えは好きですが(私は叩いてるつもりな人)
今回はリンクの記事のまんま、勿体ない事してるな。。と感じてます。

ビットコインの魅力を殺さずにリアル社会との共存を目指す形を見せて、さすが強欲な米国って感じました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。