スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送金

オフィスの引っ越しがスムーズに行くとは思ってはいなかったのですが、
イロイロと余計な仕事が増える日々で、なかなか更新できない日々です。



本日、用事があり銀行に行ってきたのですが、そこで興味深い事を銀行の方が教えてくれました。



来年の夏あたりから、某大手銀行が送金に関するシステムが大幅に変更されるとの事。

手数料、及び送金時に発生する待機時間が大幅に改善されるそうです。

頭の中が「遂にRipple」か?
ってなってしまいました。

Rippleに限らずですが、今年、来年あたりには送金業界が大きく変化しそうですね。


(銀行内に置いてた飴が緑色だったので、舐めてたら、銀行員さんにエイリアンみたくなってるて言われた次第。)


殴り書きの様に書いてしまったので、少し追記を。。

某大手銀行と表現しましたが、誰もが知ってる世界でも有数の大手金融グループで、
グループ全体だと従業員数40万人弱を誇るグループですから、巨大感が伝わるかと思います。
(ソフトバンクさんでグループ従業員数2万強)

そして、送金システム変換プロジェクトは3年計画で動いているらしく、今が丁度プロジェクトの半ばにあたり、
来年の夏が3年計画の終わりだそうです。
逆算してみると、今から1年半程前と言うと、2012年末から2013年初頭になりますね。


そして、偶然の一致とは考えにくいのですが2013年1月1日時点でのRipple total Account数が3。

ここまで計算が合ってくると、Rippleが動き出すのか!と私の脳内では処理された次第。

来年の夏頃にこのブログを自分で読み直した時に当たっていればちょっと感動です。

スポンサーサイト
Tag: Ripple

コメント

シティバンクがrippleプロトコルを採用するメリットって何でしょうか SWIFT2.0を掲げるripplelabsに既得権側から歩み寄るとは考えにくいと思います 仮に採用する場合は採用する前に出資するのではないでしょうか

2014/04/29 (Tue) 15:38 | なっつん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> シティバンクがrippleプロトコルを採用するメリットって何でしょうか SWIFT2.0を掲げるripplelabsに既得権側から歩み寄るとは考えにくいと思います 仮に採用する場合は採用する前に出資するのではないでしょうか

私事が忙しく返事が遅くなってしました。
私の一個人の意見ではありますが、Rippleを用いた送金が送金業界を大きく変えるとは思っています。
送金に必要な手数料、待機時間等が大幅に改善されれば、利用者は高い手数料、長い待ち時間を選ぶ事は考えにくいと思います。
となってくると、既得権側も既得権にこだわってる場合ではないのでは?と思っていますが。。

どういった形で改善されるのか。と言った事は教えてもらえませんでしたが、私の知識量では=Rippleと繋がった(繋げたい?)次第です。
何か他にご存知でしたら、是非、お教え願えますか?

2014/05/01 (Thu) 12:15 | 管理人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。