スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想通貨に期待する理由

北米に在住している私が、空気や温度を肌で感じてる事を書こうと思っています。

私は、パソコン関連とは無縁な仕事ですし、世間一般より多少は詳しい程度ですので、
  「このシステム、仕組みが◯△◎!!!」
と言うのは正直、全てを理解してるわけではないので、書きませんが、
 


日本とアメリカにおける支払いの仕組みについて今回書いてみようと思います。

ここを読んでくれている方もご存知の通り、支払いの際、現金払いかクレジット払いか。
の違いです。
日本で生活していくにおいて、クレジットカードの必要性はあまり感じる事はないでしょうし、国民性と言うのもあるのかもしれませんが、現金払いが好まれる傾向が強いと思います。
それに対して、アメリカは現金払いする人もいますが、基本的にはクレジットカード払いです。後、小切手払いもあります。現金以外での支払いと言う事に抵抗感は全くありません。
コンビニでジュース1本だけ買う場合でもカード払いは当たり前ですし、
私もそうですが、緊急時用に現金は少しポケットに忍ばせていますが、基本カード払いです。
さらに、クレジットスコアなるものが存在していて、カードを使って支払いをきちんと行うとスコアが上がっていく仕組みでもあります。
昔、自分もアメリカ人の友達に言われたのですが、
「1万ドルの現金を持ってるよりも、クレジットスコアが良い人の100ドルの方が信頼がある」
と言われたぐらいです。
なので、皆、カードを使って生活をしてるわけですが、
カードを使う側からすると、購入金額の数パーセントの還元があったり、紛失、不正利用された場合のケアもしっかりしてるので、使うにこした事ないのですが、


その分、カードを使ってオンラインなり、店頭で販売してる側(事業主)はカード会社に利用料を数パーセント支払ってる訳です。
1%違うだけでも、仮に月のセールスが$5万(ざっくりと500万円)あった場合、$500(5万円)変わって来る事になります。2%違えば$1000(10万円)
カード会社に支払うより、頑張って働いてくれてる従業員のお給料を上げる方が皆、幸せだと思いませんか?

たかが支払い方法の違いではありますが、仮想通貨の圧倒的な手数料の安さは、細々と事業をされてる方からすると魅力的な物だと思います。



 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。