スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ripple Blogより

Ripple Blogに国際送金についての記事がありました。
専門的な事が多いので、少し翻訳がおかしな所がありますが、知識を深める役になればと思い、翻訳してみました。




The Problem With Global Payments in One Chart

payments-around-world.png

Posted by Alec Liu May 30, 2014

Global Payments

“There is no such thing as an international wire,” writes Erin McCune of Glenbrook Partners, a research and consultancy firm focused on payments.

支払いについてのリサーチ及びコンサルタントに焦点をおいているGlenbrook PartnersのErin McCuneは
「インターナショナルワイヤーなるものは存在しない」と書いている。


Despite an increasingly globalized world, there’s essentially no international payment network for cross-border payments. The closest thing we have is SWIFT, but it’s only a messaging service. In such cases, international transfers can only happen if banks in both locations have a pre-existing agreement.

世界のグローバル化が進んでいるにも関わらず、国を跨ぐ国際的な決算に必要な支払いネットワークはありません。
一番近い存在はSWIFTであるが、これはメッセージサービスでしかありません。
この場合、お互いの銀行が既存の契約を結んでいなければ国際送金はできません。


A good way to think about this is email before the advent of the SMTP protocol, which standardized electronic messaging. Imagine being on AOL and not being able to directly email someone using Yahoo. That’s pretty much the situation with international payments. Each region has its own closed-loop system. What’s lacking is a universal translator.

例えばAOLのアカウントからYahooのアカウントにE-mailできないと想像してみてください。
これが今の国際送金の現状であり、それぞれの地域が閉ざされたシステムを持っているので、ユニバーサルトランスレーターが欠けているのです。


Left to their own devices, banks have come up with a system known as “correspondent banking,” where “cooperation is formalized through a series of bi-lateral correspondent banking relationships,” McCune explains. So if AOL has an agreement with Yahoo, I’ll be able to email my friend, which is great, but it’s likely that those emails will take longer or cost more. And if you’re a smaller player or a new upstart, you’ll to lean on the big boys, writes McCune. “Often smaller banks rely on larger banks in their country to conduct cross-border transactions.”

コルレスバンクと言われるシステムを彼らは作り出した。
”もしAOLがYahooと契約してるとして、私が友達にE-mailを送れます。それは良いのだが、ただそれには時間もかかるしお金もかかる。
私が小さな存在であったり新規参入であったりすると、それを可能にする為に力のある人に頼らざるを得ないだろう。
これが銀行の場合だと、小さな銀行は国際間の取引に大手銀行に依存せざるを得ない。”


The end result is a system that can only be described as convoluted and inefficient, illustrated by this chart, a play-by-play of how a business in LA pays its supplier in Brazil:

このシステムの結果として、下の図に示されたLAとブラジル間でのビジネスの例だが、複雑で非効率である。
cross-border-payments.png
And that doesn’t even include settlement:

さらにセツルメントは含まれていない。

All pretty straightforward—but one piece is still missing. Bank C in New York has the money and Mulitnational Bank D in Brazil has sent it out—how are these positions settled? In this example, as a part of their correspondent banking relationship, Bank C and Bank D have agreed to settle their transactions daily, on a net basis, by making funds available/withdrawing funds from a set of accounts both banks hold with one another. But there are no rules here: it is entirely up to the business arrangement that the correspondent “pair” has negotiated. That negotiation, by the way, covers fees, balances, and who-gets-to-do-the-FX as well.
As McCune sadly concludes:

全ては簡単だが一つが欠けてる。上の図のバンクCがブラジルのバンクDに送金をした。それはどうやってできたのか?この場合、コルレスバンクの関係に基づき、バンクCとバンクDは双方が持つ口座から、保有するお金を入出金できる契約を結んでいるからできる事なのである。だけどそこにはルールは無く、完全にビジネスの契約上によるものなので、結局は両銀行の交渉次第である。その交渉と言うのは手数料や、残高、FX等を意味する。

彼は悲観的に締めくくっている。

"At the end of the day, money doesn’t cross borders. There is no international wire, just a series of domestic transactions. One bank ends up with more money in its correspondent account: the other bank ends up with less money in its correspondent account."

”その日の内にお金は国内を出る事はない。そこには国際送金などなく、たくさんの国内間の取引があるだけ。結局の所、片方の銀行が多くのお金をコルレス口座に受取り、もう片方の銀行が少ないお金しか受け取れなかったりする”



Rather than an internationally accepted standard, we have a series of ad-hoc solutions, what amounts to endless variations of band-aids on a global system that’s anything but global. For the most part, it works, but it’s far from pretty. The system, or really the lack of one, creates additional barriers for emerging economies with less developed banking partnerships and poorly defined payment pathways. And if money can’t move freely and cheaply, businesses can’t trade, people can’t make a living, and countries can’t grow.

国際的に承認された基本的な事よりも、その時々に出た臨時の対応策しかなく、それが世界のシステムのバンドエイドの様に機能しており、ほとんどの事はこれで対応が可能だが、完全とはほど遠い。
この何かが欠如したシステムは新しく生まれる経済に障壁を作る。
お金を自由に安く動かせなかったら、ビジネスは動かず、人も生計を立てれず、結果ビジネスは発展しないだろう。





この記事を読んで、国際送金時の仲介手数料と表現されるものがいったい何なのか?と言った事が理解できるかと思います。




細かなニュアンスに違いがあるかもしれませんが、誤翻訳等を発見された方いましたらご連絡下さい。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/22 (Mon) 14:59 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。