スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitcoinのライバルはSupermoneyになれるのか?

少し長くなりますが、Rippleとは。Rippleの今後。についてまとまった記事でしたので
How a Bitcoin Rival Could Create a Global Supermoneyの紹介。一部抜粋です。



The Ripple protocol, based in part on the system behind Bitcoin, is a payment and currency exchange system that erases the barriers between fiat currencies while also embracing digital currencies and other representations of value, ranging from gold to frequent flyer miles. It goes beyond Bitcoin by providing a code system that leaves no currency—including bitcoins—out.

Rippleプロトコルとは一部はビットコインのシステムに基づいており、それはまた金やマイルポイント等の価値と通貨との障壁を取り除いた、支払い及び外貨両替システムである。
それは既にビットコインも含めた通貨と言う枠を超えたものである。


Right now anyone can make limited use of the Ripple system by signing up with financial gateways such as SnapSwap and Bitstamp for quick cross-currency exchanges between dollars, euros, bitcoin, and more. The greatest value for most people will come if banks and other institutions implement the protocol to streamline their operations. Then all sorts of transactions would become simpler, quicker, and more secure. Many people would not even know Ripple was involved; they’d simply notice that their banks got better.

今現在、SnapSwapやBitstamp等のGatewayに登録し、ドルやユーロ、BTC等とクロスカレンシー取引が誰でもRippleシステム内で行う事ができる。
大半の人にとって最も真価が発揮されるのは金融機関が効率化の為にRippleプロトコルを採用し、あらゆる取引が簡単に安全となる事である。だが、ほとんどの人はRippleが関わっている事はわからずに、ただ単に銀行が改善したと思うだけだろう。


The key to Ripple is its distributed, decentralized nature. “It offers a way to confirm financial transactions without requiring a central operator,” says Chris Larsen, Ripple’s CEO. That saves both money and up to days' worth of time. While the Bitcoin system also bypasses a central operator, its transactions take minutes rather than seconds to process, according to Larsen.
Financial organizations have already begun adopting the Ripple protocol. In May 2014, Germany’s Fidor Bank became the first bank to use the Ripple protocol. Its customers can now send money in any currency instantly and at a cost lower than typical bank rates through Fidor's money transfer products.


Rippleの鍵となるのは分散型であり、クリス・ラーセンCEOは「それは中央集権を必要とする事なく処理する方法を提供する」と述べ、それはお金と時間の両方をセーブする。
ビットコインもまた非中央集権だが、処理に数十分かかるのではなく数秒であるともラーセンは述べている。
金融機関は既にRippleプロトコルを採用し始めている。2014年5月、ドイツのFidor銀行が最初にRippleプロトコルを採用した銀行である。既に顧客はFidor銀行のサービスを用いる事であらゆる通貨を一般的な銀行より簡単にそして低コストで行っている。



The latest gateway, Ripple LatAm, was launched on June 12 by AstroPay. The United Kingdom-based regional service, which covers Brazil, Chile, Colombia, Mexico, Argentina and Uruguay, will connect Latin American businesses with their counterparts in Asia, Europe and North America for faster and more affordable remittances, merchant payments and other transactions.

最近出来たGatewayであるLatAmは6月12日に、英国を拠点としたAstroPayによって世に送り出された、ブラジルやメキシコ等、中南米7カ国をカバーしたサービスであり、支払いや取引等において早く、手頃な価格で中南米をアジアやヨーロッパそして北米とを結びつけた。



The longer-term prospects for leveraging Ripple are enormous. Perhaps the biggest first step any large financial organization could take would be to use it to offer faster, cheaper currency exchange services. According to the Bank for International Settlements, the global foreign exchange volume reached $5.3 trillion a day in 2013. This growing market is ripe for the taking.
The window of opportunity is open wide, but it could start to narrow. Already a London start-up, TransferWise, has raised $25 million to implement a peer-to-peer technology enabling people around the world to swap currencies at much lower rates than current bank transfer fees.


リップルを活用する長期的な見通しは莫大である。おそらく大きな金融機関がとれる一番最初の大きな選択は早くて安い外貨両替サービスを提供する為に用いるだろう。the Bank for International Settlementsによると、世界での為替取引量は2013年に1日で5兆3000億ドル(約530兆円)に達した。この成長市場を収穫する時期は熟している。

この熟した機の窓は大きく開かれてはいるが、狭くなりつつもある。既にロンドンで操業開始してるTransferWiseはP2P技術に対し2500万ドルの資金調達を行い、これをを用いて世界中の人々は銀行よりも低い手数料で外貨両替が可能となっている。



Beyond currency exchange, banks might also use Ripple to develop next-generation payment vehicles to replace obsolescent credit cards or to expand into cloud storage by offering virtual safety deposit boxes. Banks could also use Ripple to create innovative new smartphone apps and forge alliances with tech-savvy organizations that live by transactions, such as Walmart and IBM.
Such developments could facilitate a renaissance in community growth by greasing the wheels of services such as microloans, helping to create jobs. And if Ripple becomes widely adopted, the result could be a whole new medium of exchange—“money 2.0” or “supermoney.”



外貨両替だけに収まらず、銀行もリップルを用い、時代遅れなクレジットカードのシステムを次世代の支払いシステムに置き換えるか、クラウドストレージにセーフティBOXを提供して拡げていく事になるだろう。銀行はまたリップルを使って、新しいスマートフォンのアプリや、テクノロジーに精通した組織とアライアンスを築く事ができる。

このような発展はマイクロ融資や雇用の創出への潤滑剤となり、社会成長のルネサンスとなるだろう。
そしてもしRippleが広く採用されると、結果として完全なる新しい流通通貨supermoneyとなりえるだろう。





銀行やビットコインを超えた新しい財貨
supermansupermoney2.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。