スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細々と利用しているCEX/IOの収益レポート

久々にCEX/IOネタを。

CEX_twitter.png
Twitterにて「2015年には1BTCが$10,000(約100万円)」とぐいぐいと煽ってます。


流石に$10,000は「おおげさ」だとは思いますが、ここ最近の米国内でのビットコインへの追い風は増すばかりです。


決算手段としてビットコインを導入する企業も増えてきており、
最近では登録ユーザー数2500万人を抱えるネットショップ米国2位のNewegg
ビットコイン決算導入しました。WebにデカデカとBitcoinでの支払い方まで説明してます。
ちなみに当然ですが1位はご存知、怪物amazonくんです。


大企業の導入が増えてきているとは言え、まだまだ決算手段としてビットコインを導入していない企業も多々あるのは事実です。


ですが、この問題はSnapCardを仲介する事でamazon等のまだ導入されていないWebストアでのBitocoinの使用が可能となります。



さらに、まもなくリリース予定ですがXAPOのXAPO Debit Cardは
世界中のどこでもMasterCardのNetworkを用いてビットコインでの支払いが可能となります。

あらかじめXAPOのWalletにビットコインを入れておき、店頭側がMasterCardでの支払いさえ受け付けていれば国内においてはもちろん買い物の大半はこのデビットカードで可能となり、海外旅行や海外での買い物の際に現地通貨へ両替する必要もなくなり、さらにWeb経由での海外からの買い物にも利用する事が可能となります。


ビットコインへの批評は様々ですが、全ての人がビットコインを認める必要など無く
ビットコインは力強く且つ着実にインフラ整備を進めており、当分の間はこの勢いは止まらないでしょう。






少しタイトルのCEX/IOから脱線してしまいましが、
私はまだビットコインの価値が上がる「のびしろ」を信じて細々とCEX/IOにて採掘を続けてます。
(文頭の煽り文句は鵜呑みにはしてません)


手数料の導入を境にGHSのレートが導入前と比べると安定した感があり、
頻繁にGHSのレートの確認、取引ができない勤め人の私には多少利用しやすくなりました。




微々たる額ですが、私のここ最近の成績を公開します。
まずは預けたBTCですが、こちら。
Deposit_BTC.png



続いて今現在のBTCとGHSのバランスですが、こちら。
B_CEX.png



そして今私が持ってるGHSを今のレートで売却したとすると、、
sell_GHS.png
こうなります。



GHSを売却した場合Total 0.5792BTCとなるので、手持ちの0.259BTCと足すと合計で0.8382BTCとなります。
預け入れBTC総額が0.75BTCなのでプラス0.0882となります。
今のレートで換算すると約$57(約5700円)となりました。


採掘で着実に増えていくのですが、レートの上下で収益を出す事も可能です。
大きくレートが下がるタイミングが鍵かと思います。



以上、収益レポートでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。