スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Migrating to Ripple Trade

Ripple WalletがRipple Tradeに変わりました。
WalletからTradeへの移行の仕方を簡単にまとめておきます。
まずはRippleのWebへアクセス、以前と同じ画面右上にあった[Wallet]が[Ripple Trade]に変わってるので、クリック。
migrate1.jpg

このような画面になるので表示された画面の赤枠内にある 「Migrate」をクリック

migrate2.jpg

Walletで使用していたユーザーネームとパスワードを入力


migrate3.jpg

新しくユーザーネームとパスワードの設定を行います。
新しく設定してもよいですが、以前使っていたものを利用する事もできます。


migrate4.jpg

シークレットキーの再確認となります。
Wallet作成時と同じシークレットキーとなります。


最後に[Continue]を押すと登録したメールアドレスに account verification linkが貼られたメールが届くので、クリックすると、新しくなったRipple Tradeを利用する事ができます。





まだ慣れてないせいか、個人的には以前の方が見やすかった気もしますが、

・見た目
・売買、送信時にパスワードの要求
・Ripple Nameで送受信が可能

あたりがWalletからTradeになって変更された点かと思います。



今後の予定として
・2段階認証の採用etc

が予定されてるそうです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。