スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ripple着実に浸透中

おそらくStellar(ステラ)の登場の影響でしょう。最近Rippleが活発に展開しています。


今年の5月初頭に、先陣を切ってRippleを導入したFidor Bankですが、遂にRippleプロトコル(08/27/14より)が稼働します。

Rippleにとって、とても大きな挑戦である事は間違いないでしょう。
圧倒的な送金速度と、低コストを武器に、国際送金と言う壁に風穴を開ける。
このFidorBankとRippleによる挑戦は是非成功してもらいたいし、成功すると信じています。

風穴が開き、Rippleの成功を示す事ができれば、世界中の銀行が追従、提携など、爆発的普及への足がかりとなるはずです。




You Can Now Make Instant Deposits to Ripple From These US Banks

先日Ripple Blogにて発表されたのですが、地味ですが大きな前進です。

先月にEU圏にてSmartCash Cardをリリースし、何かと絶好調なSwapSnapが
Knoxと提携し、1日程かかっていたウォレットへの入金処理を「わずか数分で入金」を可能としました。

snapswap depo

こちらが入金画面ですが、METHODにInstant Depositが追加されてるのですが、

『超』をつけて呼んで過言でない超大手銀行も対応しています。
Wells Fargo、Bank of America、Chaseあたりなどは何処へ行っても必ずある銀行ですね。



余談ですが
Ripple tradeにてTotal BalanceがXRPで表示され円グラフが追加されましたね。
様々なIOU等を所持してた方は改めてXRPとして合算されてるので、少し感動するかと思います。
暫くログインされてない方、これを機に見てみてはいかがでしょう?








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。